わが家の猫様(以下、サヨリちゃん)がいなければ、ブログなんてやってなければ、Twitterデビューしなければ、絶対に有り得なかった私の編み物。毎週のように届けれるサヨリグッズを見ていたら、自分でも出来るんじゃね?。今なら出来るかも知れないじゃね?。そんな気持ちになって猫用マフラーを3本ほど編んでみて思った事があります。

こりゃ、毛糸は「おとめのファー」じゃないとダメだなっ!

初心者がマフラーや帽子を編むのなら「おとめのファー」タイプでないとダメな理由があるんです。

細い毛糸は上級者向け

私は全く知りませんでしたが、毛糸には細いのやら太いのやら極太なのやら様々な種類があります。毛糸が太いと編み目を少なくする事が出来ます。結果的に短時間で編み上げる事が可能です。逆に細い毛糸を使うと細かくかつ複雑な模様を編み込めます。それだけでも編み物初心者は太い糸で編む練習をした方が良いでしょう。

だがしかし、私はセリアの編み機を過信していました。ですから、編み機も毛糸も人に任せて買って来てもらいました。だって、編み棒じゃないもん。編み機だよ編み機。そんな私に届けれられた編み機がコレ↓。

もうね、自分の中の編み機とは全然違うわけです。でも、二本の棒で編むよりは初心者向けらしく、都会の方では人気のアイテムだったりするそうです。ちなみに商品名は「セリア マフラーニットメーカー(108円税込)」。

これなら誰でもマフラーが編めるのかというとそうでもありません。いざやり始めると、編み目の大きさや毛糸の引っ張り具合などが気になります。この編み機は簡単にマフラーを編む事が出来るものの、気になる部分をやり直す事には全然向かない。って言うか、それ出来ない。そんな編み機。やり始めたら最後までが一発勝負なのです。

で、だいだい真ん中あたりから

「途中で目が違う気がする~。」

「なんかココが緩い気がする~。」

そう思うのですが、最後まで行くしかない。行っちゃうしか無いという諸刃の剣。私の場合、

「まぁ、おっさんが馴れない手つきでやったんだから良いんじゃね?。てか、やった事が凄いよ!。」

みたいな感じでやり過ごせます。否、やり過ごしで通します。

ですが、女性はそうはいかない。やっぱり、ある程度の品質を自分に対して求めます。そこで、セリア「おとめのファー」なのです。

ジャーン!!!!。

サヨリちゃんもビックリ。毛糸の概念を覆したモフモフ。ある意味邪道とも言える毛糸を経て「お父さんV3」へと続く事になります。この「おとめのファー」の最大のメリット。それは、

モフモフで編み目が隠されて下手っピがばれない

これはデカイ。一見、マジで凄そうに見えるのです。ぜんぜん変じゃないし。でもね、編んだ人だけには駄目な部分が分かっているもの。2号も他人には変じゃないけど自分には変なところが見えています。でも分からない。サヨリちゃんのマフラーをはぎ取って、縫い目を一個ずつ確認する事など不可能なのだから。

少し前にこのタイプの毛糸ばかりで編んでいた子がいたけれど、今となっては、

そうなんだぁ・・・なるほどねぇ~・・・。

そんな感じ(笑)。このタイプの毛糸なら、自分のお手ての悪さを騙し通す事が全然可能だと確信しています。もしもお父さん4号を編む事があるのなら、迷わずにおとめのファータイプもしくは超極太を選ぶ事でしょう。編む事があればのお話ですが・・・。

そんな絶賛中の「セリア おとめのファー」ですが、重大な問題が1個あります。おとめのファーは毛糸長が短いため、そうですねぇ・・・サヨリちゃん用で3個は必要ですかねぇ~。

自分の中では猫のマフラー1個100円でこさえる計画がありました。記事ネタとして100円マフラーのカテゴリがあっても良いかな?。そんな目論見です。ですが、3倍の予算となると記事ネタとして成立するのかどうか疑問が残るところ。

でも、お父さん2号でも変じゃないので100円マフラーの線で考えてみようと思います。桜の蕾も大きくなって季節は春。毛糸や編み物の情報は9月から動くので、その頃に再会しようと考えています。

それまで、色々とマフラーの案を考えておかなければ。そんな2017年サヨリマフラーセレクションのテーマは、

「いと みやび」

です。ついでに新作おとめのファー情報も追加予定(笑)。


<スポンサーリンク>