Amazonで猫本を見ていると一冊の本が目に止まった。それが、「ねこ検定 公式ガイドBOOK(廣済堂ベストムック 346号)」。

「NARUTO-ナルト-検定」などを行う日販の検定事業の一環として、2017年3月、「ねこ検定」が実施されます。本書はその公式ムック。プロデュースは、猫本の聖地としてNHKなど各メディアで大体的に取り上げられている「神保町にゃんこ堂」。「生態」「くらし」「気持ち」など、本当の猫好き度を試してください。

受験はしないけど、内容は知りたかったの

ねこ検定は今年3月に第1回目の試験が実施される新しい検定。しかし受験するまでの気持ちには至らなかった。というのも、試験会場が仙台・東京・大阪・名古屋・福岡しか無かったからだ。近くで試験が受けられるのなら、真っ先にエントリーしてワクワクしていたのだろうけれど。せめて岡山県も受験会場に入れて欲しかったと思う。

無理なモノは無理として、どんな問題が出題されるのかが気になったので、「ねこ検定 公式ガイドBOOK(廣済堂ベストムック 346号)」をAmazonでポチっとな。人気商品のようで、

「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」

との事。よくよく調べて見ると、買えなくも無いようだった。中古品として1,000円の本が2,000円~3,000円の高値で販売されていた。コレクター商品か何だか知らないが、この買占め行為は理不尽だよね。

とは言うものの、私は受験しないので書籍の到着は急がないし慌てもしない。来月でも再来月でも結構な立場の人間である。一方、3月26日(日)にねこ検定の受験を決めた方にとっては必要な学習ツール。それを買占めて高値で売るってのは人としてなんだかなぁ~とか思うわけです。

いつ入荷されるのか分からないが、私はのんびりと本の到着を待とうと思う。書籍が無事届いたら感想を記事にしようと思う。

ちなみに「ねこ検定」の最新の情報は、ねこ検定公式サイト(http://www.kentei-uketsuke.com/neko/)でお調べ下さい。簡単な練習問題も用意されていたので楽しめましたよ(笑)。


<スポンサーリンク>