「マツコ会議」で漫画を描いていたソフトは何?

「マツコ会議で漫画のやってますね、お父さん。パソコンでガンガンと漫画を描いていますよ。」

「漫画の専門学校って、日本中で沢山あるのだろうね。僕らの時代では、到底、考えられなかったけれどね。絵が描ける人の数だって希少だったからね。漫画なんて特別な人の世界だったよ。そう考えると、これから漫画を目指す人は大変だよね。むっちゃライバル多そうだから。」

「便利になった分だけ競争が激しくなったという事ですね。でも、底辺の人口が多くなれば、それだけ面白い漫画でなければ世に出られないという事ですから、ボクらのように読む側の人間にとっては良いことだとも言えますよ、お父さん。」

「キミは猫だけどね。」

「にゃ。」

スポンサーリンク

プロも使っている漫画ソフトはクリップスタジオ

「ところで、マンガ科(東京デザイナー学院)の学生さんが使用してた機材が気になりますね、お父さん。マツコ会議で20万円もあれば、漫画を描く機材が揃うって言ってました。全然、手の届く金額ですけれど、お父さん、漫画デビューしませんか?。」

「飛んでもないところから話題を振ってきたね、サヨリちゃん。お父さんの絵はこんなのだから人生が3回あっても足りないよ。でも、漫画を描けてしまえるだけの処理能力があるソフトは気になるよね。」

「さぁ、検索を始めよう!。ですにゃ。」

「調べてみると直ぐに分かったよ、サヨリちゃん。答えはTwitterにありました。液晶タブレットで使用されていたソフトの名前は『CLIP STUDIO PAINT EX』ってソフトみたいです。Amazonでパッケージ版を買ったら 28,822(通常配送無料)だったよ。(2017年10月17日現在)」

「漫画を描くソフトの名前は分かりましたが、液晶タブレットの機種名は何でしょう?。」

「何だろうね?。液晶タブレットPCとツイートされているのだから、見た感じはSurface系だと思うのだけれど、ちょっと分からないなぁ。そう言えば、韓国のネットコミックを見せてくれていたよね。ネット閲覧が出来るのだから、タブレットPCなのは間違い無いよね。でも、タブレット端末でイラストや漫画を描くだけの目的だったら、『Wacom MobileStudio Pro』っていうのが最強っぽく感じました。」

「でも、お高いんでしょ?。」

「お値段はお高いですよ、サヨリちゃん。最初に書いた20万円では『Wacom MobileStudio Pro』の安い方でも厳しいからね。でも、デジタルペンと言えばワコムっすから。ペンの反応や描き味はタブレットPCと比べて次元を越えているんじゃないかな?。とわ言っても、液晶タブレットでもいい線が引けていたので、こだわりが無い人なら全然大丈夫だと思いました。」

「ボクの漫画を描いてよ。色々、ネームは揃っているでしょ?、お父さん。」

「どなたかネームは出しますので、サヨリちゃんにサヨリちゃんの漫画を描いてやって下さい。へっ、へっ、へ。」

「またお得意の他力本願かい!。漫画だろうと、イラストだろうと、下手だろうと、上手からろうと、自分で描くから価値があるってもんなんだよ!。しっかりおしっ!。」

「出たっ!サヨリ姐さん。」

スポンサーリンク