【ミニチュア】猫の教室出来ました【教室】

ハンドメイド
猫の学校は人里離れた廃校に集結した猫たちが、人間の習性や行動パターンを学習し、猫が人間社会で生きる力を学ぶ教育システムの総称である。その歴史は紀元前にまで遡る。かつては神と崇められたレジェンドも存在したものの、一時は犬族にその地位を奪われる事となる。だがしかし、地道な努力によって世界的猫ブームが巻き起こった影に、このシステムは大きく貢献している。
みたいな・・・。

まぁ、そんな設定で作った昭和の廃校です。どういうワケか、わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)も制作段階からデスクの上を牛耳っていたので、一緒に作る事になりました。デスクの面積は狭くて作りにくかったのだけれど、これはそれで良かったのかも知れません。

だって、この中に入るのは猫のミニチュアなのですから(笑)。

スポンサーリンク

材料は100均とホームセンターのカット材

猫の学校の床材に使用したのは割り箸です。その下の土台は100均のスノコ。机と椅子はホームセンターで売っていたカット木材を組み合わせました。仕上げ剤として100均のニスをヌリヌリしています。教壇の上の黒板消しと出席簿もセリアで売っていましたよ。

ダイソーだったかワッツだったかの黒板で正面の壁を作りました。何気にスノコと同じくらいのサイズだったので収まりも良いです。

デスクの上から離れないサヨリちゃん。手前の猫は先生になる予定の粘土細工。

窓側の壁を作っている時も監視されながらの作業。ビニール袋の中には氷が入っていてサヨリちゃんを冷却中。

椅子を作っている最中も、

仮組みの時にも立ち会います。

ちなみに椅子と机は小学生サイズなので小さいです。仮に中学生サイズで作るともっと背が高くなります。

何も無くても寝ているので、去年買って一度も使ってくれなかったアルミの猫鍋を設置してみると・・・。

普通にアルミ鍋に入って寝てしまいました。

なんやかんで出来上がった教室。

材料費は1000円~2000円くらい。

製作日数は一週間くらいでしたでしょうか?。一気につくれば3日くらいで出来ると思います。本気になれば一晩でも可能だと思うのだけれど、数日間は何もしたく無くなるでしょう。

教室の制作に対しての苦労はありませんでした。逆に椅子と机がもうイライラ・・・。

僕にとって難関だった舞台も出来たので、

これからはブログも書こうと思っています。

今までと違って、学校シリーズにはサヨリちゃんの乱入率が高いなぁ。

それはそれで嬉しいのだけれど・・・。