【手編み】サンタになった猫【ハンドメイド】

「少し小さかったかね?、サヨリちゃん。」

「ボクは少し余裕がある方が楽ですからね。表現としてはピッタリなんですけどね。それにしても、ボクのコタツの周りがメリークリスマスしていますね。」

「コタツの隣にツリーを置いて去年の靴をお頂けだよ。なんなら背景布でイルミネーションしてあげよっか?。」

「それは勘弁してください。目がチカチカして落ち着きませんから。」

「やっぱり?。」

スポンサーリンク

手編みのサンタ服

「ニャンですか!この写真は!。」

「何で怒っているの?、サヨリちゃん。」

「ピントがツリーにあっていますよ。ボクの顔がボケボケですにゃ。」

「これで良いかな?、サヨリちゃん。」

「お・・・おう。」

「じゃ、パーツのアップね、サヨリちゃん。」

「お・・・おう。」

「首の周りは白い毛糸で編み方も違うんだね、サヨリちゃん。」

「お・・・おう。」

「腕の周りも首と同じかな?。」

「お・・・おう。でも、袖があると着づらいにゃ。百獣の王みたいな服がいいにゃ。」

「武井壮か?。」

「背中にはベルトのワンポイント。」

「どうやって編んでるのでしょうね、お父さん。毎回、Naru姐さんは技を使って来ますね。」

「お父さん的にはベタな作りが良いのだけれどね。着やすくって来てられやすければ、ずっとサヨリちゃんも服を着ていられるからね。じゃ、最後行くよぉ~、サンタさん!。」

「やっぱり。」

「メリークリスマス、サンタにゃん。」

「お・・・おう。」

スポンサーリンク