【猫雑学】キャットドアを発明したのはアイザック・ニュートン

古典力学の創始者アイザック・ニュートン。日本では、リンゴの果実が枝から落ちるのを見て万有引力の法則を発見した事で有名ですよね。

小学校・中学校・高等学校の理科や物理の授業で一度は耳にした偉人さんです。そんな物理学の天才がキャットドア(キャットフラップ)を発明した事実は有名です。ですが、2匹の猫にキャットドアを使わせた結果、物理学の天才の首を傾げさせたエピソードはあまり知られてはいません。

スポンサーリンク

天才ニュートンですら読めない猫の行動

1863年に発行された「レリジョン マガジン」によると、

ニュートンはキャットフラップを発明した。母猫用に加え仔猫用の小さなドアまで作った。

報じました。この話には続きがあります。せっかく大人用と子供用の2つの扉を作ったのにも関わらず、両方とも大きな扉を使う事に首を傾げたそうです。

世紀の天才、アイザック・ニュートンでさえ、猫の行動を読み切る事が出来なかったようですね。猫を飼っていると、そのお気持ちご察し致します(笑)。

cropped-c5acbb7ae95f6d602a79c49c1f709945.jpg

「キャットハウスを喜んでくれるかな?。」

そんな気持ちで注文したにも関わらず、キャットハウスよりもダンボールがお気に入り。そんな気持ちをニュートンも味わったのでしょうか(笑)?。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク