【猫雑学】宇宙へ行った猫がいる

宇宙へ行った猫がいます。

私の中で猫と宇宙船とのイメージは、数年前から宇宙カプセル型ペットキャリーになってしまっています。まさか、現実に宇宙へ飛び出した猫が存在したとは驚きです(^_^;)。


(画像はAmazon)

そんな宇宙へ行った猫の名前はフェリセット。女の子の白黒ハチワレニャンコです。彼女は「アストロキャット」の愛称で呼ばれ、後にフランスの英雄として勲章を授与される事になります。

1963年10月24日。フェリセットは、ヴェロニクAG1ロケットに搭乗しサハラ砂漠の高度209キロの上空に打ち上げられました。その後、15分間の宇宙旅行を経て無事帰還。フランスの宇宙開発に大きく貢献しました。

そんな偉業を成したフェリセットですが実は代役。元々、フェリックスというキジトラ猫が1963年10月18日に飛び立つ予定でした。ですが肝心かなめのフェリックスがまさかの脱走!。その代わりとしてフェリセットに白羽の矢が立ちました。そして宇宙へと飛び立つ事になったのです。

そんな猫とう宇宙開発の記録、半世紀経った今でもYouTube動画で見ることが出来ます。

スポンサーリンク

-FRANCE LUNCHING THE FIRST CAT IN SPACE-FELICETTE-The First CAT IN SPACE

犬やサルがロケットに乗って宇宙へ飛び出した映像は、私も過去に何度もテレビで見た経験があります。しかし、猫も立派に宇宙開発に貢献していたのですね(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク