【猫雑学】猫が変な顔をしているのはフレーメン反応中だから

わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)がさっきフレーメンってました。連続した記事で同じ写真を使いますが、丁度良いので使っちゃいましょう(笑)。

さて、猫がポカ~ンとしているのはフレーメン反応中だからです。別に、さっきの込み入った話に戸惑っているわけではありません。誰かの体臭(フェロモン)がキツかったからだと推測されます(^_^;)。

スポンサーリンク

猫の変顔は、超常現象じゃなくて自然現象

このフレーメン反応は猫や馬などの哺乳類に見られる反応です。

人間でも男女問わず素敵な異性と出会ったらこんな顔になっていますよね(笑)。フレーメン反応は、一般的にフェロモンや匂いの物質を多く取り入れようとした時に起こる自然現象です。

猫の場合は、前歯の裏側にあるヤコブソン器官をおっぴろげて、多くの匂い物質を取り入れて何の匂いなのかを解析しているそうです。とぼけた顔しているように見えますが、その中に搭載された高性能ニャンピューターは目まぐるしく分析作業の真っ只中なのですね。

いつもは凛々しいお顔のサヨリちゃん(直上写真)。それだけにフレーメン反応中は大爆笑。調子が良ければもっと口を半開きにして更にフレーメンチックなお顔に。写真撮影に成功した事はありませんが、ぷっと吹き出してしまうあの表情。

いつか写真に収めたいと、カメラを構えてチャンスを待っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク