【猫雑学】猫にとってラベンダーは毒

ラベンダーの花は昔から日本人に親しまれています。テレビCMでも「ラベンダーの香り」というフレーズを一度は聞かれた事があるでしょう。そんな身近に感じていたラベンダー。猫に取って有害な花だったのです。

スポンサーリンク

時にラベンダーは、猫を殺す事もある

本来、肉食動物である猫にとって植物性の毒は命取りの危険性があります。前回ポトスの猫に対する有毒性を書きましたが、ラベンダーも危険な事が分かりました。

Twitterからの叫び

Twitterユーザーかつ猫を飼っている方なら、既にご存知の方もいらっしゃるかと思います。ラベンダーの香りで猫が死に至る場合もあるという事を。本来ならば、ツイートをそのまま引用させて頂いている事例です。

ですが、知らず知らずのうちに子供のように育てて来た愛猫が死んでしまった原因が自分の不注意だったというツイート。投稿された方の心中をご察しすれば、そのまま掲載出来る程、私は心が強くはありません。ですが、この情報は早急に伝える必要性を感じました。なので、ツイートの一部引用を用いて警告します。

ラベンダーの香りだけでも有害となる危険も

ラベンダーの毒は嗅いだりしても、皮膚からも身体の中に吸収され、3日から1週間で肝臓や腎臓の組織を壊すことが調べてわかりました。

これは、先日亡くなられた猫の飼い主さんのツイートの一部。亡くなったのは9歳の猫ちゃん。全ての猫が死に至る原因がラベンターだとは言い切れません。ですが、猫の体重や体調、年齢などの要因が重なる事により、死に至る事もあるのです。香りだけでも猫の体に重大な疾患を与える可能性がある事だけは肝に銘じておく必要があります。

とても身近なラベンダーという植物が猫に対して有害である事実を知り、恐ろしく心配な事がありました。それが私の母親。母はお花が大好きです。それが猫に取って命に関わる問題だと話しても、1ミリも聞く耳を持ちませんでした。こうなると、かなり厄介な事が起こりますし、起こりました。そして残念ながら、わが家のお花の問題は未だ解決されていません。

高齢者は植物を無闇に育てる傾向が強い

私の母親は高齢者とい言っても差し支えはありません。本人は怒るでしょうが、紛れもなく高齢者です。そして、高齢者の女性の多くはお花が大好き。それに加えて人の話を聞きません。

どこからともなく鉢植えを持って帰り気が付けば庭中花だらけ。それは困るからと植物が与える猫への悪影響を話したところで全く聴く耳を持ちません。強硬策として、花を勝手に処分しようものなら一人で炎上してしまうのがオチ。この問題は多くのご家庭でも多かれ少なかれあるのでは無いのでしょうか?。だって、わが家もそうなのですから・・・。

わが家の場合は、ラベンダーでは無くてユリの花。これを毎年玄関先に飾ります。オニユリなども猫のとって有害な植物。なので好まれる状況ではありません。合わせて私がユリの花粉にアレルギー反応を起こす体質。なので何度もお願いしましたが、一向に止める気配はありません。個人的にどうにもならないと思わざるを得ません。ですから、花の近くに愛猫を近づけないように配慮して無言の対策を施しています。

この記事は高齢者を非難しているわけではありません。

この記事は、高齢者を非難したり、いじめたりする気持ちで書いている訳ではありません。自分の考えているよりも遥かに猫という生き物は植物に弱いという事を知ってほしいのです。そして花という点に着目したした場合、必然的に最も身近な母親という存在が浮上したのです。

もし仮に、猫を飼っているご家庭が二世帯同居だった場合。義理の母さんに対してお嫁さんが花を処分してくれと言えますか?。

猫の命が死の危険に晒さらされるかと、義理のお母さんに買って来た花を捨てて来てと言えますか?。

それは無理ですよね。100%言えるわけがありせん。実の息子や娘でも無理なら、完全にアウトです。生き死にの問題で、どうしてそうなのか分かりません。その理由を理解するには、まだまだ私は若いようです。

だからこそ、この記事を読ませてあげて下さい。

「ここに毒だって書いてあるから」

と、「キジとら」を悪者にして下さい。猫と言えども家族の一員。ラベンダーが猫にとって有害な植物という事が分かった以上、即刻対処すべきだと思います。

ラベンダーで猫が死んでしまう事実を知らずに愛猫を死なせるよりも、その害を分かっていて死なせるほうが、その何万倍も後で後悔します。決してそのような事にならないようにしたいとは思いませんか?。その為でしたら「キジとら」は、幾らでも悪役を買って出ます。

キジとらでは、人間には大丈夫でも猫にとって有害な植物や食べ物の記事も掲載しています。>>詳しくはこちらからご覧ください

スポンサーリンク