【12分の1】樹脂粘土でマグロの握り寿司【ミニチュア】

ハンドメイド

「トロですか?、お父さん。」

「そう。トロだよ、サヨリちゃん。」

シリコーン モールドメーカーでシャリを山ほど作ったから、遠慮なしに作ってますね。」

「ホント、数は力だねぇ~。」

スポンサーリンク

樹脂粘土のトロ

「1枚目の写真ではそう思いませんでしたけど、仕事荒く無いですか?。」

「いやぁ~、雰囲気だけでも掴もうかと思って作ったんだよ。仕事の粗さは自覚しています。でもね。」

「でもね?。」

「ちょっと離れると・・・やっぱり仕事が荒いね。反省します。」

「でしょ。色合いは回転寿司のマグロですけれど、細かい部分が出来てませんね。」

「そうは言うけど、サヨリちゃん。トロっぽい雰囲気を出すのは困難だよ。試練を感じるよ。」

「端っこのヤツがトロの形に近いですね。他のはトロと言うよりも貝系ですね。」

「そっかぁ~。買ね。色を変えて貝にしてみるよ。ホタテとかに化けそうかな?。」

「なんかイケそうな気もしますね、お父さん。」

「で、こんなのも作ってみたよ。」

「これ、何ですか?。」

「シャケ。サーモンだよ。」

「ボクは貝の形をしたウニのように見えました。失礼ですが、センス無さ過ぎですよ。」

「そっかぁ~。この色はウニの色かぁ~。目玉焼きの黄身の粘土を使ったんだよ。玉子の黄身はウニの色・・・っと。」

「いずれにしても、」

「いずれにしても?。」

「まだまだだね。」