【100均】ディスク型タッチペン【お絵かき】

極細で見えるペン先、ディスク型タッチペン

行きつけの100均(ワッツ)のバイヤーおすすめコーナーで見つけたタッチペン。ディスク型タッチペンをキャンドゥで売っている噂は予々耳にしていたのだけれど、イラストを描いている時間も無かったので、タッチペンは記憶の彼方に。

だがしかし、目の前にぶら下がっているというのならば話は別。サヨリハウスの外壁パーツと一緒についで買い。さてさて、タッチペンの使い心地は?。

スポンサーリンク

初めてのディスク型タッチペン

イラストと言えば、これまでパソコンとペンタブレットが僕の定番。タブレットでチャチャっと描ければ楽だよね。とか思ってはいたのだけれど、現実はそうそう甘いものでは無いらしくて、色々iPadで試した結果、やらない方が良いだろうという結論に達していました。まぁ、パソコンの方が僕には合っていたようなのです。

そんなワケですっかり縁遠くなっていたお絵かきですが、このタッチペンを手にして少しやる気スイッチが押されたようです。チャチャっとお絵かきするのなら、「Paper」というiPadアプリが良さげだそうで、取り敢えずインストールして使ってみました。

お絵かきアプリ、Paperの使い心地と100円タッチペン

僕は説明用のお絵かきしかしないので、高機能よりも描きやすさとかお手軽さを重視。その点でPaperは気軽に使えるお絵かきアプリ。逆に、レイヤーなどの機能を使っての本格的なイラスト作成には不向きです。インスピレーションと雰囲気でちゃらら〜っと落書きするアプリだと思って使うのがベストでしょう。いい意味で僕は好きですよ、Paper。

ワッツのタッチペンはというと、ペン先に配置された丸い透明ディスク板が取り付けられている意味が全く分かりません。何なのコレ?。とか思いながらPaperでサヨリちゃんを描いてみたら案外スラスラ描けました。これはこれでアリなのでしょうね。

最も描きやすかったのが鉛筆で、描き始めの反応が若干遅いところが丁度良かったようです。他のペンも悪くは無いのだけれど、線のスタートが脳内イメージとズレているので、鉛筆主体でブログの説明イラストを描いても良いかと思いました。ただ、iPadの画面に手の甲が当たると、ペンとして反応してしまうため、酷暑ですが手袋は必須アイテム。

タッチペンについて、特に不満はありませんでした。むしろ100円なので、こんなものだとも思っています。強いて不満を書くとするのならこの2点。

ひとつ目は、ディスクペン先部分がグニャグニャ曲がってイラストを描く仕組みなっているのだけれど、先が細いので耐久性が心配という事。

ふたつ目は、これは多くのタッチペンで共通するのですが、ペンの太さが細いところ。もう少し太ければ、もっと描き易かったと思いました。

しばらく使い込まないと、本当の結論は出せないと思うのだけれど、定期的にブログに挿絵が入っていたら、シレッと気に入って使い始めたと思って頂ければ幸いです(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク