【50代】いなばのツナ缶買ってきた【筋トレ】

「猫缶や!。」

「ツナ缶やで、サヨリちゃん。『いなば ライトツナ スーパーノンオイル』です。」

「そのフォルム、その出で立ち、ボクのご飯でしかあり得ません!。これは、断じて猫缶です!。『いなば』と言えば、チャオちゅーるじゃ無いですか!。そもそも、お父さんはツナ嫌いじゃ無いですか!。」

「そうなんだよね、いなばちゃん。お父さんは、ツナ缶が苦手何だよね。もうね、昔っから猫のご飯にしか見えない。今でもそう認識しているのだけれど、これはお父さんのツナ缶です。」

「何でわざわざ嫌いなものを買って来たのでしょう?。全然、ボクのお口にも合うと思うのですが?。」

「タンパク質だよ、タンパク質。」

「たゃんぱくしつ?、ってにゃに?。」

スポンサーリンク

筋トレ中のタンパク質はツナ缶が効果的らしい

「お父さん、筋トレをスタートしたよね。キミもトレーナーとして参加しているよね、ドSトレーナー。」

「そうですよ、お父さんの横で監視するのがボクのお仕事です。たまに頭を叩くこともありますが、それは愛のムチというものです。今の状態では、かわいそう過ぎて出来ませんが、お父さんの体力が上がったら…にゃ、にゃ、にゃ。」

「可愛い顔をして、そら恐ろしい言葉を吐くね、サヨリちゃん。これ以上、何してくれるって言うんだい?。」

「それはその時のお楽しみ。そんな事より、お父さん。どうして嫌いなツナ缶を食べているの?。」

「筋トレと食事制限は合わせて考えるものなのね。目標がシックスパッドなのだから尚更だよ。そこでツナ缶の登場です!。このお腹のお肉を何とかしないとね。」

「ボクの?。」

「お父さんの。筋トレってね、自分の筋肉繊維を切る行為なんだよね。切れた筋肉繊維が修復されると繊維が太くなってマッチョ化していくのが筋トレ仕組み。切れた筋肉繊維を修復するのに必要な栄養素がタンパク質なんだよ。本気で筋トレに目覚めたナイスガイ達は、プロテインとかサプリメントも使うのだけれど、お父さん、そこまでナイスガイになれないから。毎日、お肉なんて食べられないから。プロテインなんて以ての外だから。お財布に優しいツナ缶でタンパク質を摂る作戦です。」

「えーーー、そしたら毎日ツナ缶を食べるの?。羨ましい。そして、毎日、ツナ缶を食べるお前を見るの?。それは辛い。」

「サヨリちゃんは馬鹿か?。そんな生活していたら気が狂うわ。メインのタンパク質源としてツナ缶と納豆&豆腐を食べます。基本的に調理はしません。」

「お料理しないと美味しくいただけませんよ。」

「お料理すると、食欲が抑えられなくなっちゃうのでやりません。だから最近、飯がマズイです。メシマズです。マズマズですわ。でも、お仕事で食べないといけない日もあるからね。その日だけを生きがいに、これからは僕は生きていくよ。明日のお昼が食事会だけれど。」

「そうにゃんだぁ〜、ボクなら幸せに暮らせますけどね。ツナ缶だけで幸せですけどね〜、人間は何かと面倒くさいですね。ところで、水曜日は食レポの日だったと記憶していますが、そっちはどうするの?。写真撮影して出せていないネタもありましたよね。」

「今は無理、お腹が空くから。写真を見てると涙が出そうだから。そっちの食レポは体が慣れて来たら消化する事にするよ。しばらくは、筋トレ中に食べたものでも紹介しま〜す。基本、ヘルシー&美味しくないものでーす。」

「うわぁ、カラ元気。お父さん、ボクのハンカチ貸そうか?。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク