うちの猫が、「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード」に似ていた件

わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)は、誰かに似ている。でも思い出せない。そもそも見てのとおりのキジトラ猫。人間様とは程遠い存在。サヨリちゃんに似ている人間がいるのか?。それとも人間に似ている部分がサヨリちゃんにあるのか?。先月から、ずっとこの一件が気になっていた。でも、それが何か分からないのだから考えても無駄というもの。

話は変わるが、お父さん大好きAbema TV。最近放送されている「物語シリーズ」が妙に面白くて欠かさずに見ている。何で見ているのかといえば、その台詞回しの絶妙さに心惹かれるものがあったから。何とも耳障りが良い言葉の連弾がお気に入りなのです。

化物語から始まる物語シリーズの見どころは、先程も書いたとおり、キャラクター同士の会話の中にある。アニメーションは映像を見てナンボであるが、物語シリーズは音だけでも十分楽しめる。

私には、目を閉じて集中してセリフを聞いている方が面白い気もする。そんなワケで、夜の22時台からはAbema TVを流しながらサヨリちゃんとあれこれやっている。

ちなみに今夜は「憑物語」。

そして今夜が最終回。

放送時間を忘れないように、ご飯を食べて、お風呂に入ってサヨリちゃんとAbemaタイムの準備をしていると、サヨリちゃんがニョキっと私の顔を見つめながら、

「カッ!カッ!カッ!。」

って。


(画像はAmazonより)

「あぁ…それやん。カッカッカッ!。キミ、忍野 忍ちゃんに似てるんやわ。キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードちゃんやんけ。カッカッカ!。」

サヨリちゃんと何かを繋ぐモヤモヤが一本の線で繋がった瞬間。

心のつっかえ棒が気持ちよく取れた。

今夜はぐっすりと眠れそうだ(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク