うちの猫のデスクの侵略手順が詰将棋

「何やってんのかな、サヨリちゃん。」

「別に何でもありませんよ。」

「何、拗ねてんの?。」

「拗ねてませんよ!。」

「あれか?。お父さんが、ワンコと遊んだからかい?。」

「関係ありません。気にもしていませんから、お気遣いなく。」

「そんな風には見えなかったよ、サヨリちゃん。まだ赤ちゃんワンコなのだから、優しくしないと駄目ですよ。」

「ところでお父さんさ、パソコンが使いたいんだけれど、いつものクッションのところに行ってくれないかな?。」

「ボクは眠いんですよね。静かにして下さい。」

「だって、これじゃ、少し作業スペースが狭いんだよね。」

「うるさいニャーーーーー。王手!。」

「詰んだ!。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク