「サヨリちゃんの写真、お顔がいつも同じ方向向いているのは・・・なんで???」

女優さんは、極めて美しく見えるアングルを自分で知っていると言います。愛猫サヨリちゃんだって同じなのです。サヨリちゃんが左アングルが圧倒的に多いのには、それなりに深い事情があったのです。

右も左も満遍なく撮影してるってばよ

2016_09_05_秋のちゅーる祭り(0)

猫の顔なんかどっちから撮影しても同じじゃね?。そりゃぁ、そうです。右でも左でも大して変わりません。でもね、撮影する側ってどうやって撮影しているか知ってます?。大体、自分に対して右側にうちの子はスタンバイします。なので、必然的に猫の左の顔を撮影してしまいます。両手が開いている時は、わたしもカメラと移動しますから左右同じくらいの枚数シャッターを切っています。

逆に猫が背を向けたり気分が乗らない時は、わたしの左手は猫の気を引くために色々な動きをしています。この時、カメラは右手でだけ持っているので、この場合は左側の写真ばかり撮影する事になります。この辺はサヨリちゃんのご機嫌次第です(笑)。しかし、もっとも重大な事実があります。

一番の原因は・・・鼻水っす

2016-07-12-キジトラと漁港で散歩 (4)

うちの子、こっち側は弱い子なんです。

気にしないで写真を撮影して、後で見ると・・・鼻水が垂れてる・・・。

これも個性なのは分かっています。わたしはどっちの顔も、どっちの写真も大事です。しかし、不特定多数の方が見られるブログやTwitterでは極力可愛らしいお顔でアップしたいという親心(笑)。

nikon1 S2 キジトラ試し撮り写真(6)

そんなわけで、正面から撮影したボツ写真の数は無数にあります。これらの理由から、うちの猫の写真に左アングルが圧倒的に多いワケは、

  1. 猫の立ち位置
  2. 右手だけで撮影している場合
  3. 鼻水

この3つです。写真撮影をしていると気づかなくて、パソコンから画像を見ると・・・、

「鼻水、すっげ!!!。」

ってほぼ毎日思いながら写真を選んでいます。動物病院で鼻に管を通すと、しばらくの間は鼻水や目やにが落ち着きます。でも、何年越しの症状なので、一緒に付き合って行かなくてなりません。夏はまだ調子の良い季節ですが、これから寒くなるにつれて注意が必要になります。

サヨリちゃんの最新の写真がTwitterやブログに掲載されていない時には、

「鼻水垂れてるんやろうな?。」

そうお考え下さい。調子が良い時にシャッターを切りますので(笑)。


<スポンサーリンク>