うちの猫は、自分からペットキャリーに入って待ってるタイプ

昨年、Amazonで購入したペットキャリー。軽くて、大きくて、ビッグサイズのサヨリちゃんにもゆったりサイズ。そして中に猫が入ってるなんて分からないステルス機能がお気に入り。はい。このキャリーなら人目を気にせず何処にでも行くことが出来ます。そんなお気に入りのキャリーバック。最近、サヨリちゃんが自分からペットキャリーの中に入って待ってくれるようになりました。

スポンサーリンク

どうして入ってるのか分からない

写真はお気に入りの電気カーペットでくつろぐサヨリちゃん。その後ろにあるのがペットキャリー。

キジとら事務局で1日を過ごし、家に帰るための準備をしているとサヨリちゃんも自分の準備を始めます。キャリーの中に入って私を監視。

「早よ、帰ろうで。」

そんな顔で私を見つめますが、私だって準備というものがあるのですよ。もう少しまてや。

待ち時間がサヨリちゃんの限界(3分~5分)を超えるとニャンニャン鳴き始めます。

さらに放置すると、バッグの中に潜り込み超不機嫌。グレグレです(笑)。

それを超えると一度バッグから脱出して私の足元でウロウロ。

「帰るよ~。」

って声をかけると、また自分でバッグに入ってスタンバイ。最初は偶然かと思いましたが、自分の意志を持っての行動のようです。だんだん、この子、猫から行動がずれて来ているような気がして来ました。

自分からバッグに入る行動は、出掛ける前よりも帰る前の方が多いようです。事務局もサヨリちゃんにとって快適な環境にしているつもりですが、やっぱり家が良いのかも知れません。

震災や台風などの緊急時、ペットは大きな障害になる可能性が否めません。言うことを聞かないのは当たり前で、脱走してしまったり、他人様に迷惑を掛けてしまったり…。ペットが安心して移動できる手段が必要だと常々考えていたので、この傾向は嬉しい限りです。

このまま、キャリーバッグがお気に入りの場所になってくれれば100点満点ですけど、それはまだまだ先の話になりそうです(笑)。

キャットキャリーバッグ商品情報


(画像はAmazon)

私が購入した時には色のバリエーションも多くて選び放題だったのですが、2017年3月1日現在、3種類しか残っていませんでした(^_^;)。次のペットキャリーを買う時の参考のためにサイズを記録して置きます。

SIMPS ペット キャリーバッグ 猫 犬 ポータブルバッグ ウサギ キャリーボックス

★Lサイズ 長さ50cm×幅17cm×高さ30cm 小型犬・猫用サイズ。【バッグ重量】600g  ペット重量13キロまで

ペットキャリーはゆったりサイズがうちの猫には良いようです。もしも、キャリーを気に入ってくれたら、自分から入って待っていてくれるので楽ですよ(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク