春の嵐と共に桜も散り、4月後半から6月中旬までの間がお昼の猫散歩の季節。そして7月以降は夕涼みを兼ねての夜散歩。

超安全な家の中と違って外は別世界。猫は慣れない場所でお散歩させると写真のような警戒モードに入ります。耳を大きく立て、全神経を集中させる姿はレーダーそのもの。この状態の時はまだ警戒中なだけですが、危険を察知するや否や、身を低く構えていつでも逃げられる体勢に入ります。

緊張状態では頭を下げ、身を低くして歩きます。慣れない場所へ猫を連れて来た時、一番大切な事は飼い主が絶対に守ってくれると思わせる事です。

野良猫や散歩中の犬と遭遇した時はサッと抱っこしてあげましょう。猫は人間を大きな猫と認識しているのだとか。いつでも大きな猫が自分を守ってくれると信じてくれるようになれば猫の散歩は楽になります。

天気が崩れる前のツバメのように、しばらくの間、低空飛行を続けてはいますが、

慣れてしまえばオラオラです(^_^;)。

観光地(屋島寺前)で知らない人に御接待も出来ます。

キジとら・サヨリ(推定年齢8歳)

年限年齢に換算すると48歳の春。

まだまだ現役、2017年、今シーズンもオラオラと散歩します(笑)。

※撮影地:城岬公園(庵治町)屋島寺前(屋島山上)

※お遍路衣装:OIDENYAI


<スポンサーリンク>