2~3年前にYouTubeか何かで見たケーキポップス。ハロウィンの季節だったので、ケーキポップスは概ねお化けやカボチャのかたちにデコられていた。簡単に説明すると、ケーキポップスとは、チュッパチャップスのキャンディ(飴)部分がケーキになっていて、そこをチョコやクリームでデコっている洋菓子。丸いケーキに耳を付けたりチョコレートで包んだりして棒を並べると、それはそれは綺麗で可愛らしく見えるお菓子なのです。でも、手の込んだ作り方だったので自分で作るにはハードル高し。仮に作ったとしても誰にあげるわけでもないですから、自分には不要かと、逆に自分で食べて太るだけかと(^_^;)。ところが先日、ツイッターのタイムラインで流れて来た動画の作り方が簡単過ぎたので記録して置きます。わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)には関係無い話ですけど(笑)。

【タコ焼きを作ってると見せかけてからの〜】アニマルケーキポップの作り方

 

キジとらツイッターで流れて来る動画で料理やお菓子の作り方は非常に稀。だから逆に目につくものの、猫が出ないと私の心が動くことはまずありません。これもそうだろうなぁ~。とか思いながらもたこ焼き焼いてるみたいだったので一応ね、見ておきます。たこ焼き好きですから(笑)。

途中までたこ焼きだったのですが、途中からアーモンドが登場してから様相が変わる。作っていたのはニャンコのお菓子だったのです。これは見て置かなければです!。たこ焼きと思っていたのは丸いケーキで、ケーキに2個のアーモンドをぶっさせば耳の出来上がり。あとは、チョコレートやらでコーティングしてデコるとニャンコのケーキポップスの出来上がり。

動画を見る限りでは極めて簡単そうです。でもやっぱり、私がこのお菓子を作ることは無いでしょうがマフラーの一件もありますから先の事は分かりませんけど。ニャンコ以外にもワンコやケロケロなど応用の幅も広い作り方でした。さすが日本のたこ焼き器。メイド・イン・ジャパン!。汎用性の面でもずば抜けた性能です(笑)。


(画像はAmazon)

でも何で、こんな動画が流れて来たのでしょうね?。

そっか、来週は、アレの日か。

やっぱり、自分には関係ないや(^_^;)。

なっ、にゃっぱ~(笑)。


<スポンサーリンク>