たった二つだけ?猫撮影の神が教えるスマホ写真テクニック!

2016年5月23日(月)に放送されたSMAP×SMAPはいつもと違う。今夜は、SMAP×SMAP PRESENTSやっぱり猫が好きすぎて 芸能人ねこ自慢グランプリ!。稲垣吾郎さん(SMAP) 、田中裕二さん(爆笑問題)をMCに、大杉漣さん、指原莉乃さん(HKT48)、 佐藤健さん、大地真央さん、つるの剛士さん、室井滋さんを迎え、猫三昧な一時間の放送。ガッツリと楽しませて頂きました。VTRに収められた芸能人の飼い猫の可愛さを競う「猫を愛しすぎちゃった芸能人24人my猫自慢」をメインに放送。こちらは全国の猫好きブロガー様にお任せするとして、やっぱり私は、猫のスマホ撮影テクニックに意識が集中。だって、我が子を可愛く撮影したいですから(笑)。

スポンサーリンク

岩合光昭さんが教える、カワイイ猫を撮る極意

2016-07-16 キジトラ、トイレまでの道のり2

ブログやSNSで愛猫の写真を投稿。出来る事なら可愛く撮影したいのも親心。私もその気持ちが強い人。だけどスマホはiPhone4。4sじゃなくって4。カメラ性能からして何だかなぁ~・・・なのです(-_-;)。それだけにプロのテクニックには興味津々。プロカメラマンはどうやって猫を撮影しているのでしょう?。その秘密が紹介されました。


岩合光昭写真集 岩合さんの好きなネコ

猫撮影の神!カメラマン岩合光昭さん(65歳)が教えるマル秘テクニックとは何なのでしょうか?。ちなみに、岩合光昭さんは、猫の素顔を撮影させたら世界一と呼ばれている人物なのだとか。そんな撮影の神様が語る、2つの猫撮影のポイントとは?。

その1.猫の目の高さにカメラを構える

ウインクする猫

猫の目の高さにカメラを構える事はとても大切なのだそうです。岩合さんは、地面に這いつくばってでも猫の目線に合わせるそうです。そうすると、顔がライオンのように勇ましく撮影出来るのだとか。下から見ると、猫そのものが写真として引き出されるそうです。即ち、猫の特徴である口元や目の形が際立ち、猫らしい表情が撮影出来ます。

その2.とにかく猫を褒めて、褒めて、褒めちぎる

キジトラ猫アップ写真03

猫を褒める事によって猫に自分の気持ちを伝える事が大切。

「猫に気持ちが通じるんですか?。」

という質問に対し、

「通じます、通じます、絶対に通じます!。それは人と同じです。」

岩合さん。猫を褒めちぎると猫の気分が高まるそうです。この点は、モデルさんを撮影するプロカメラマンと同じ。でも、それが一番難しいような気もします。そこがプロと素人との決定的な差なのかも知れませんね。

まとめ

愛猫の姿をプロカメラマンのように撮影したい!。岩合さんが使う撮影テクニックは、この他にも沢山あると思いますが、まずは、猫の目線で褒めちぎりながら撮影する事で、岩合さんの写真へ近づくための第一歩。世界で一番、猫写真撮影に長けている方のお話ですから、素直に真似るのが撮影上達への近道だと思います。私も、その2点を意識しながら愛猫を撮影しようと思いました。

私の場合、デジカメよりもスマホの方が、猫がこっちを向いてくれる確率が高いように思います。それは、デジカメのレンズが動物の目に見えて怖がっているのかも知れません。出来るだけ愛猫に声を掛けて、安心させて撮影出来るように頑張りたいと思います。

いつか、プロのような一枚が撮影してみたいですね(笑)。

スポンサーリンク