ちゅ~るの歌は、カラオケでも歌える

「情ぉ~熱のぉ~赤いバラぁ~~~♪ そ、し、て、ジェェ~ラぁシぃ~♪」

「ご機嫌さんお途中ですが、お父さん。ここは猫ブログですからその歌は違いますよ。そもそも、『ちゅーるソングはカラオケでも歌えるんです』って題名なのに、この書き出しは如何なものかと。この場面で鼻を鳴らすのなら『ちゅーる、ちゅーる、ちゃお ちゅーる♪(可愛く)』に決まっているじゃないですか!。」

「ゴメン、ゴメン、サヨリちゃん。書き出しが、もう始まっているなんて思ってなかったよ。台所で料理していると、なんでだろうね、『あたしんち』のお母さんの後ろ姿が頭に浮かんで来ちゃって、そうなると、情熱の赤いバラが頭の中でグルグル回っちゃって。もう、ずっとエンドレスで回っちゃって、つい、鼻歌になっちゃっていたよ。」

「そのボクの優勢なターンから、凄いニュースが舞い込んで来たよ、お父ちゃん。」

「おっ。僕の期待を煽るね、サヨリちゃん。」

スポンサーリンク

カラオケ「ちゅ~るしよ!」公式Facebook情報

「にゃ~ん!。いなばチャオちゅ~るのテレビCMでお馴染みのあの歌。この歌の題名は『ちゅ~るしよ!』と言うのですけど、それはもはや猫好きの間では常識の赤いバラなのですけれど、カ・ラ・オ・ケでね、歌えるようになりました!。」

「マジで?。」

「いなばペットフード(猫ちゃん版)公式Facebookページからの情報ですから、コレ以上に無い鉄板情報です。ただ、情報は2月13日でしたから、ネット時代のナニとしては、些か古い話ですけれど。ちなみに、『ちゅ~るしよ!』フルバージョン動画は、過去記事『ロングバージョンもあり?ちゅ~るCMの曲の題名と歌っている人は誰?』でご覧いただけるにゃ。」

「そんな事は無いよ、全然無いよ、サヨリちゃん。十分お手柄だよ、知らなかったら知らないままで、お父さんの人生がひっそりと終わっていたところだよ。」

「そんな大げさなぁ~~~…でも、嬉しい。」

「そんなカラオケ店JYOSOUNDさんの、

JOYSOUND MAX、JOYSOUND f1の機種導入店舗で歌えます。

って、何だかパチンコ機種新台情報みたいだね。」

「言われてみるとそうですよね、お父さん。でも、ボクには少し心配なことがあります。猫が好きな人ならば、誰でも受け入れてくれるカラオケソングだと思うのですが、むしろ、ウケの良い選曲だとも思うのですが、世の中には猫嫌いな全国の皆様も存在するわけで。その中には死ぬほど猫が嫌いな人だっているわけで。この歌って、人を選ぶのではとか思ってしまいます。」

「どうやら野良時代のトラウマがあるようだね、サヨリちゃん。僕のようなおじさんが『ちゅ~るしよ!』なんて歌ったら、そりゃ、猫好きさんにさえヒンシュクを買うさ。大顰蹙さ。国民を敵に回すかも知れないさ。でもね、可愛い女の子が歌ったらどうだろう。本気でアニメ声を出して歌ったらどうだろうか?。女性陣からの評価は分からないけれど、逆に聞くのが怖のだけれど、男性陣からは大好評だと思うぞ。1万パーセントそれは確かな事だと思うぞ。お父さんがその場にいたら、絶対歌ってもらうとおもうぞ。だからサヨリちゃんも、そんな心配の必要はないと思うのです。人間だもので片ずけられる事だと思うぞ。」

「そうですね。ちゅ〜るの歌は、猫好きさんしか歌うこともありませんよね。取り越し苦労なお話でした。でも、お父さん。お昼のバイキングの間でちゅ~るのCMが流れると、1万パーセントの確率で一緒に歌っていますよね。CMが終わっても、その先を歌っていますよね。それから・・・。」

「今日のキミは些かお口が軽いようなので、ちゅ~るでお口を塞ぎましょう。」

スポンサーリンク