ほっともっとのチャーハンを食べてみた

ほっともっとのチャーハン

「チャーハンですね、お父さん。」

「チャーハンですよ、サヨリちゃん。」

「そっか、水曜日は食レポの日でしたね、水曜日じゃないけど。」

「それを言っちゃぁ~、おしまいよ。僕のスケールの都合もあるからね。サヨリちゃんだって、毎日常住ってワケにも行かないからね。これからは、そのテイでお願いします。」

「そのテイですか?。火曜日とか水曜日に食べれば良いじゃないですか?。もしくは食べた日に書けば良いじゃないですか?。」

「そうれもそうなのだけれど、お父さんはお仕事で出掛けているからね。一応ね、曜日を決めておくとモチベーションが保たれるから。そういうの、察してくれませんか?。」

「仕方ないなぁ~。」

スポンサーリンク

ほっともっとのチャーハン

「はい。ほっともっとのチャーハンですよ、サヨリちゃん。」

「フタが開いてませんね、お父さん。」

「これはサヨリバリアーだよ。サヨリちゃんからチャーハンを守る最後の砦だよ。」

「ボクはチャーハンなんて食べませんよ。」

「フタを開けたら速攻狙っているじゃない?。サヨリちゃんは食べちゃダメだよ。お腹に石が溜まるから。」

「ボクはチャーハンには興味ありません。鶏の唐揚げがボクを呼んでいるだけです。」

「チャーハンも唐揚げもNGだよ。下がった、下がった。」

「いけず。」

「サヨリちゃんはカリカリとお水を用意しているから一緒に食べようね。」

「無視ですか?、お父さん。」

「ほっともっとのチャーハンって、メニューに乗ってないの知ってた?。」

「知りませんよ、そんなもん。」

「今日は少し不機嫌みたいだけれど、何か嫌なことでもあったのかい?。」

「自分ばっかりお弁当を食べるからですよ。」

「そうは言うけど、サヨリちゃん。冗談抜きで、人間の食べ物を無闇に猫が食べると死ぬよ。もしくは、地獄の苦しみを味わうよ。悪いことは言わない。食べない方が良いって。」

「何か騙されているような気がしてなりませんんが、メニューに乗らないって事は、チャーハンは裏メニューですか?。」

「入り口にチャーハンの手作りポスターを貼ってあるから、存在は知っていたのだけれど、いつも違うのを頼んでいたんだよねー。」

「何だか呑気ですねー、お父さんは。で、チャーハンのお味は如何ですか?。」

「お父さん的にはチョット違う感じがしたね。チャーハンなのに中華の香りを感じなかった。美味しいのは美味しいのだけれど。嫌いな味では無いのだけれど、チャーハンよりは焼き飯だと思ったよ。うん、焼き飯の味だった。」

「チャーハンと焼き飯との差って何ですか?。」

「それは分からないんだよね。焼き飯に何かを加えると中華風に変わるのだと思うのだけれど、それが何なのは分かりません。自分でチャーハンを作る時はウェイパーを使っていたよ。」

「ウェイパーは販売終了になりましたよ、お父さん。今は創味シャンタンですよ。」

「そうそう。創味シャンタンを入れると、何でも中華風の味になっちゃうんだよね。創味シャンタンは、最強中華万能調味料だと思うよ。でね、ほっともっとのチャーハンは、昔懐かしい味的なコンセプトで作られているのだと思いました。お父さんの嫌いな味ではありませんでしたよ。外食でも冷凍食品でもチャーハンって油でギトギトして胸焼けしていたのだけれど、そんな事は全然無かったよ。チャーハンが食べたいのだけれど、油がねぇ~。そんな人にはオススメなお弁当だと思いました。」

「そんなこと言って、二度と注文しないんじゃないの?。」

「その前に冷凍チャーハンを食べたんだよね。でも、油で胸焼けしたから、チャーハンが食べたくなったらほっともとのチャーハンを買いに行くよ。欲を言えば。」

「欲を言えば。」

「鶏の唐揚げは要らないから、そこを餃子に変えてくれれば大満足なんだけどなー。」

「それは何となく分かります。」

スポンサーリンク