CoCo壱番屋と比べてどうだろう?ほっともっとのロースカツカレーを食べてみた

「またカツカレーですか?、お父さん。同じものばかり食べるのはよろしくありませんよ!。」

「分かっているよ、サヨリちゃん。でもね、ほっともっとのカツカレーは食べた事が無かったんだよ。弁当屋のカレーだから、CoCo壱番屋に味は遥かに劣るだろうと。それと、650円という価格も障害だったんだ。でもね、」

「でもね?。」

「今は何の味に対しても敏感だから、今の間に味の比較をしてみようかなって。昨日、CoCo壱番屋のカツカレーを食べたばかりだったから。」

スポンサーリンク

ほっともっと ロースカツカレー試食

「買っちゃったものは仕方ありませんね、お父さん。で、どんなお味ですか?。」

「弁当屋のカレーって馬鹿にしていたのだけれど、普通に美味しいよ。

CoCo壱番屋の手仕込みとんかつカレーは、CoCo壱番屋ならでわのパンチの効いたルーとカラっと揚がったとんかつとの相性が良いカレーなのね。カレーのパンチ力をとんかつが受け止める感じでね。ただ残念なのは、CoCo壱番屋のライスがイマイチなんだよね。」

「それに対してほっともっとのカレーは?。」

「お父さんは、ほっともっとのライスは一目置いています。ごはんは非常に美味しいです。だからこそ、カレーの味が悪ければ、カレーとしての味のバランスが崩れるよね。でも、普通に美味しいカレーだったよ。辛さが足りない用として、別途カレースパイスがついているんだ。お父さんの場合、全部かけてもチョイ刺激が足りない感じだったな。とんかつの衣に関しては、歯ごたえというか、舌触りという点ではCoCo壱番屋の方がワイルドで好きだな。逆に肉はほっともっとの方が美味しく感じられたよ。」

「結局、どっちが好きなの?。こういうのは、はっきりとしないといけないと思いますよ、お父さん。」

「う~ん、ほっともっとのライスととんかつの中身とCoCo壱番屋の衣とルーで作ったら最強だと思ったよ。どっちのカレーを選ぶかと問われたら、香辛料の刺激が強いCoCo壱番屋のカレーを選ぶだろうね。」

「餅は餅屋という事ですね、お父さん。」

「利用頻度なら、ほっともっとに軍配があがるよ。毎日カレーを食べられないからね、サヨリちゃん。」

「でも、十分にチートデーを堪能したのですから、しばらくダイエットに集中して下さいね!!!。」

「ちぃッ!。」

「ちぃッ!。じゃねーよ。」

スポンサーリンク