豆腐好きなら食すべし!ほっともっと豆腐牛めし 2017

今日のお昼はほっともっと。

しばらく行って無い間に新メニュー。しかも定番に入っちゃってた「豆腐牛めし」。ほっともっとファンとしては食せねばです!。

スポンサーリンク

ほっともっと豆腐牛めし(税込500円)

タレがしみた豆腐がはふはふ。ポイントは粉打ちして揚げる、ひと手間。すっきりとした甘辛醤油タレが衣にしっかりしみこんで、おいしさとあったかな状態をキープ。ごはんにも、タレと牛肉の旨味がじゅわっとからみます。別添えの黒煎り七味もご一緒にどうぞ。価格 500円(税込)

ほっともっと「豆腐牛めしページ」より引用

この弁当の主役はお豆腐。私は豆腐大好き人間なので、一発でお気に入り登録です。ほっともっと公式情報では、タレは甘辛と書いてありますが、個人的にはメッチャ甘い揚げだし豆腐というイメージ。少し極端な味付けがほっともっとの真骨頂。普通に食べると、

「甘っ!!!!。」

ってビックリするかも(笑)。この甘さ、強烈過ぎて癖になりそうです。

別添えの黒煎り七味の辛さは控えめ。もっと刺激的な辛さであれば、味のアクセントが引き立つと思いました。裏を返せばタレの甘みが強いということです。甘党にはたまらん味です。

みてみて、テッカテカやん!。この豆腐の下にはなんと鰹節が。

美味しい+美味しい=メッチャ旨い

この方程式がどんぶりの中に導入されています。

鰹節は予想外だったので嬉しい誤算でした。

豆腐を主役にする為にお肉は控えめです。

「豆腐はいらんわ!」

って方には「牛とじ丼」がオススメ出来るかも知れません。まだ私、牛とじ丼は食べた事が無いので何とも言えませんが。

極うま親子丼の肉を牛肉へ入れ替えただけと仮定すると、全体的に柔らかい優しい丼に仕上がっていると思いますよ。

初めて豆腐牛めしを食べてみたが、豆腐なのにボリューミー。豆腐なのに食った感じが持続。豆腐弁当なのに、午後10時を過ぎてもお腹が空いていない私がいます。

これって、大食漢の人でも腹持ちがいい弁当じゃないかな?。今日はたまたま胃袋の調子が悪いのかも知れませんが、この腹持ちは只者ではない気がしてなりません。

日を空けて、もう一回食べてみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク