ほっともっと あっさり塩こんぶと とり天丼試食

今日のお昼は、ほっともっとへGO!。

気分は…というより、いつものから揚弁当と行きたいところだったが、「あっさり塩こんぶと とり天丼」が新メニューに加えられていたので、それをチョイス。から揚げと天ぷらという違いはあれど、鶏はトリなので無問題と言うことで(笑)。

スポンサーリンク

猫も狙う!あっさり塩こんぶと とり天丼

キジとら事務局でお留守番中のわが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)は、事務局のドアを開けると、いつものようにドアの前でお出迎え。ほっともっとの弁当が入っているビニール袋が気になりつつも、まずは、私のズボンにしがみついてガリガリ。

デスクの前に座ってお弁当を出すと、音もなく私の膝の上に登って弁当をガン見。今にも飛びかかりそうな勢いで弁当を狙う姿は野生児そのもの。

いつものように、私からの弁当のおすそ分けが無いと悟ったサヨリちゃん。デスクの上へとポジションを変更し淡々とチャンスを伺う。この子が健康で何でも食べられる子なら幾らでもおすそ分けしてあげたのだけれども、彼は高齢に加えて食事の制限もかかっているのでおすそ分けはNG。なので、サヨリちゃんのご飯のお皿の中にいつものカリカリを入れて一緒にお昼ごはん。

の筈が…。

弁当、危機一髪!。

カリカリを入れながらスマホを操作して、

「コラーーー!。」

っとサヨリちゃんへ喝を入れる動作を同時に行なう。猫を飼っていると、こんな事は日常茶飯事。まぁ、出来るだけ長く一緒に居たいので、食べ物は我慢して下さいな、サヨリちゃん。

さて本題。

ほっともっと あっさり塩こんぶと とり天丼は、2017年5月15日より発売されたほっともっとの新商品。その名の通り、ご飯の上に鶏の天ぷらが乗っているお弁当。大きな鶏天5個の他に蓮根、茄子、インゲンの天ぷらがライスの上に盛り付けられている。天ぷらが多すぎてライスが見えないという贅沢な一品。

ライスと天ぷらとの間がキッチンペーパーのようなもので仕切られており、店から家に持って帰る間に天ぷらのサクサク感を損なうことが無いよう工夫が凝らされている。このペーパーを退ける作業が面倒ではあるものの、味優先として考えれば致し方無いだろう。

弁当を食べる前の最後の仕上げが特性天つゆ。北海道産の塩昆布と鰹節の香りが売りの天つゆだ。

あっさり塩こんぶと とり天丼は、これらの儀式を済ませてやっといただけるお弁当なのです。

食材が鶏肉だけに、どうしてもから揚弁当との比較になるが、から揚弁当よりもあっさり味は謳い文句どおり。鶏天のサクサク感と蓮根のシャキシャキ感がいい感じ。

あっさりとしているものの、ボリュームが半端無いので食べ終えた後の満腹感はから揚弁当以上。お腹いっぱい天ぷらを食べたい時にオススメです。ゆず汁をしゃっとかけて食べると更に美味しいと思います。

お弁当を食べ終えた後、サヨリちゃんから猛烈な抗議を受けました。しかし、それは毎度の事。なので、お父さんは気にしません(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク