ほっともっと TM(とりめし)試食感想

先日のファミマの「炙り焼き ねぎ塩チキン弁当」試食感想の記事を書いてみた。その結果、あぁ~・・・猫blogだけどコレもありなんだ・・・。そう思ってしまった。お昼は、ほとんど外食。でも、お店の中で写真を撮るのものなんだかなぁ~って考えていましたが、テイクアウトなら無問題ですね。そんなわけでお弁当レビュー第二弾は、ほっともっとのTM(とりめし)です(笑)。

スポンサーリンク

TM(とりめし)は、期間限定 ご当地弁当

ほっともっと TM(とりめし)試食レビュー1

北川景子さんとめでたくゴールインしたDAIGOさんのCMを見て、

「やっぱ、今日はコレだよね。」

って事で、ほっともっと岡山・広島・島根・四国限定、ご当地限定メニューをチョイス。価格も390円とお財布に優しかったのも決め手のひとつ。揚げた鶏肉をさらに甘辛く煮込んだ手間暇こもった一品です。ほっともっとホームページでは、DAI語録に引っかけた商品紹介ページがあります。

ちなみに、DAI語録は書籍化されています。


DAI語辞典 (ぴあMOOK)

TM(とりめし)試食してみた

ほっともっと TM(とりめし)試食レビュー2

ほっともっと定番のり弁当の上に、甘辛く煮込んだ鶏のから揚げを贅沢に乗せた弁当というイメージ。個人的に、何の縛りも無ければほっともっとではから揚げ弁当しか注文しない私。それだけに、揚げた鶏肉を煮込んだお味には興味津々。どんな具合に仕上がっているのでしょう?。

甘辛く煮込んだ鶏肉。一度、油で揚げているだけにこってりなイメージでした。しかし、食べてみると、その真逆。脂っぽくない味にまとまっています。から揚げが苦手、でも鶏肉は好きって方にはおススメ出来ますね(笑)。

ご飯が進むように甘辛い味はしっかりと自己主張しています。当初、

「なんで、紅ショウガ?。」

そう感じながら食べていましたが、口の中に残った甘辛い味を紅ショウガが一掃してくれます。今回は、ライス大盛で注文しましたが、もう一個くらいなら食べられそうでした。

期間限定なので、このメニューが発売されているのでしょうが、『とりめし』なら定番メニューでも人気が出そうに思いました。ガッツリ食べたいとき、メインの弁当の加えてのり弁当を頼んだりする私ですが、価格も変わらないとりめしがあれば、私はそっちを選びますね。

そろそろお花見シーズンにも入ります。桜の花を眺めながらの昼食。とりめしも候補に入れてみては如何でしょうか?(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク