もしも、自分がネットショップやるなら

「ネットショップをやろうと思うけど、どんなサービスを使ったら儲かりますか?。」

「普通にブログでも開設して、普通に通販するのが一番じゃないですか?。」

「Amazonとか楽天とか・・・。」

「僕だったら要らないです。」

「でも、カード決算とか出来ませんよね。」

「カード切らなきゃ良いじゃないですか?。」

「えっ?。何で?。」

「安く売れるから。」

スポンサーリンク

要らない経費をなんでかけるの問題?

今回は、チョットニャンコと違った話を書きます。

ネットショップを運営したい人は、

不特定多数に効率よく全国販売したいわけですよね?。

でも、私のように買う側の人にとって、そんな事はどうでも良いわけです。

そこでしか手に入らないものはそこで買うし、何処にもでもあるものなら安い所で買いたいわけです。それは、誰だってそうだと思うのです。

一方、ネットショップのコンサルタントの先生なら真っ先に、

  • ネット広告を打ちましょう
  • カード決算出来るようにしましょう
  • 楽天やYahoo!などのサービスを利用しましょう

っておっしゃるのでは無いのでしょうか?。

そんな事で利益が上がるのでしたらコンサルなんてやらずに自分で商売やってる筈ですわ。だって、そっちの方が楽ですもん(笑)。

ここで、今一度考えて見ましょう。

仮にそのようなサービスを利用した場合、全てに対して経費が発生します。どれもこれもタダではしてくれません。私が、このサービスを全て使ってネットショップを運営した場合。それは、仕入れ値が極めてゼロ円に近い場合だけです。それなら儲かりそうなのでやります。

先程も述べましたように、購入者の立場で考えれば答えは歴然。どこまで考えようとも、同じ商品であるならば安い商品には勝てません。ただし、ショップとしての信用があることが必修項目です。

だったら話は簡単です。ショップの信用を獲得してしまえばいいのですよ。真っ当なことを真っ当に繰り返せば良いだけです。

カード購入者が多い中、彼らの気を引く方法はお得感だけです。上記サービスの経費をそのまま上代から差っ引いて販売すれば、現状の価格競争に勝つことは簡単では無いのでしょうか?。

仮に5000円で販売している商品として考えてみましょう。

カード決算に必要な手数料や通販システムの手数料などは知りません。ですが、5000円の中の15%~20%は何らかの経費に含まれているものと推測されます。

5000円の商品から2割引いたら4000円になります。

他店が5000円で販売している商品を4000円で販売したら、私は売れると思うのです。

当然、特別な宣伝をしないのですから最初の売上げは非常に低いです。そこはブログ記事を増やすなりSNSを活用するなりの努力はして頂ければなりません。

ですが、1000円という金額は、銀行へ振込に行く手間としては全然許容範囲では無いでしょうか?。私なら、迷わず銀行へ振込に行きます。

  • 仮にそれが電化製品だったら?。
  • 新作人気ゲーム機だったら?。

普通に2~3万円の販売価格帯の商品なら値引率の差が大きいのでお得過ぎるのでそこで買います。商品アイテム数に比例して、リピート客も確実に増えるでしょう。この方法なら、月々、数百円でネット販売が成立すると思うのです。

これらを総合して考えた場合、現実にお店を構えていて、商品アイテムが充実しているのでしたら、普通にブログでも作ってそこで販売するのが一番良い方法だと、私は思うのです。

でも、そんな事はあまり口にしません

ただ、あまり面識の無い人に対しては、

「楽天とかAmazonが良いんじゃないっすか?。そういうの、僕はあまり知りませんけど・・・(^_^;)」

これで、全て右から左へ受け流しています。

後で面倒臭い話になるのが見え見えなので。そんなわけで、この記事を読んだリアルのお知り合いのみなさん。

この一件について、直接質問されても詳しくお答え致しません。

ごめんなさい。

面倒くさいんです(笑)。

スポンサーリンク