猫の毛が生え変わる時期。ブラッシングが大変です。家の中でブラッシングを行うと、猫の毛が空気中をフワフワと漂います。これでは、猫のブラッシングの後に部屋の掃除もしなければなりません。猫様にも負担にならず、部屋も汚れず、ノミも同時に処理できる方法・・・ありました(笑)。

自転車に猫を乗せて海へ行きます!

2016-07-05 自転車の前カゴに乗る猫

家から自転車で5分の場所に漁港があります。ここは一晩中灯りが点いているので比較的明るい場所。夜の海風が心地よくてクーラーなんて要りません。そして静か。

2016-07-06 猫を自転車の前カゴに乗せてブラッシング

雨と暴走族とにさえかち合わなければ、猫様のブラッシングには最適な場所なのです。うん、ここは良い場所だ(笑)。夜に来ている理由は単純明快。暑いカラ。一度、チャレンジしてみて身に染みました。

まずは、漁港内をお散歩

2016-07-05 暑さで口を開けてハアハア言う猫

猫も暑いと犬のように口を開いてハァハァ言うのです。そんなの初めて見ました。これでは猫様が可哀想。それよりも何よりも、私自信が暑さで参ってしまいます。という理由から、猫様の散歩とブラッシングは主に夜に行われます。

2016-07-06 漁港で猫のお散歩、でも、歩かない

漁港に着いたら漁港内をお散歩。軽く運動をさせてから自転車の前カゴに戻します。最初は慣れないかとも思いましたが、猫様も嫌では無いようです。

自転車のカゴの中でノミ取り&ブラッシング

2016-07-06 猫を自転車の前カゴに乗せて頭をブラッシング

落ち着いたところで頭をブラッシング。私の場合、ノミ取りクシオンリーです。

卵をばら撒くぞっ!猫のノミを潰しちゃダメな理由

カゴの中でブラッシングをするので、万が一ノミが取れて潰してもノミの卵は地面に落ちます。部屋の中への影響はありません。

2016-07-06 猫を自転車の前カゴに乗せて背中をブラッシング

背中もお尻もしっかりとブラッシングします。ノミ取りクシが丁度良い刺激になって気持ちが良いのでしょうか?。わが家の猫様は、ここでのブラッシングを嫌がりません。夜になると催促するほどお気に入りなようです。外に出たいのが一番なのでしょうけれど(笑)。

2016-07-06 夜の漁港、気分はセレブ?

自転車のカゴの中で夜の海を見つめる猫様。もう、気分はセレブなのでしょうか?。お昼に撮影すると、撮り方によってはバカンスっぽく撮影出来る場所。ですが、暑いのでそれは出来ません(-_-;)。

最後に抱っこして一回り

2016-07-06 漁港で猫のお散歩

ひと通りのブラッシングが終わったら抱っこして漁港のパトロール。折角、猫様を綺麗にしたので抱っこして一回りです。

猫の抱っこ紐!ペット スリング バック購入レビュー

この抱っこ紐はAmazonで購入しました。素直に入ってくれるのかと心配もしましたが、やはり外では怖いのでしょうか?。一度入ってしまえばじっとしてくれています。

2016-07-06 漁港で猫のお散歩、猫の抱っこひもは便利

抱っこ紐を使うと両手が使えるようになります。写真撮影やスマホ操作などがやり易くなりました。

猫を散歩させると、必ず途中から歩かなくなります。結局、抱っこする必要がありました。別に猫を抱っこして歩く事は嫌いではありません。しかし、両手が使える上に非常に楽ちん。今の季節の出番は少ないですが、秋からは日常的に使っている事でしょう。お互いに暖かいですから(笑)。

余は満足じゃ!あとは寝るだけ

2016-07-06 ブラッシング終了後の猫

約1時間のお散歩&ブラッシング&夕涼み&ノミ取り。家に帰ると、お水を飲んで、残して置いたご飯を食べて私の布団で寝る体制に入ります。一日中、家の中だからストレスも溜まっているのでしょうね。雨が降らなかったら、明日も行こう!お散歩に(笑)。


<スポンサーリンク>