インフル対策!ダイソーの不織布マスク買ってきた

「インフルエンザ凄いですね、お父さん。」

「右を見てぇも、左を見ても~♪ 風とインフルのからみあい♪」

「何から何まで真っ暗闇よ~♪って、こんな歌知ってる人いませんよ、鶴田浩二さん。」

「そんな傷だらけの人生の中、お父さんは不織布マスクを買ってきたよ、サヨリちゃん。」

「どこで?。」

「ダイソーで。」

「やっぱり。」

スポンサーリンク

100円のマスクで1ヶ月間の安心

「今や外出する時のマスクは必修だからね、サヨリちゃん。」

「自分の身は自分で守れ理論ですね、お父さん。分かります。」

「とは言っても、所詮は100均のマスクだからね。本来の昨日なんかは求めてはいないんだ。強いて言えば、お守り代わり程度だね。でもね、」

「でもね?。」

「なんと!100円で30枚だからね。1個買っておけば、最低でも3ヶ月は使えるんだな~、これが!。」

「そこそこ昭和をぶっ込んできますね、お父さん。30枚入っているのは凄いですけれど、それじゃ1ヶ月仕様でしょ?。」

「お父さんは、1枚3日使います!。」

「マスクくらい毎日取り替えましょうよ、お父さん。」

「気を抜くと3日越えたりしているよ、フッフッフ。」

「貧乏くさいですねぇ。嫌いじゃないですけど。」

「それでね。このマスクはインフルエンザ対策以外としても、お父さんには必要なんだよ。」

「変態プレーにでも使うの?。」

筋トレ時のマスク装着は喉が楽

「変態プレーには使わないよ、サヨリちゃん。そもそも、そんな事にかまけているほど若くも無いからね。」

「じゃぁ、何の目的で使うの?。」

「筋トレさ。特に自転車。」

「筋トレの時にマスクしているユーチューバーっていましたっけ?。」

「それは知らないのだけれど、喉が痛くならないんだよ。」

「にゃ?。」

「小学校の頃から思っていた事が1個あります。どうして、冬に走ると喉が痛くなるのかな?。って。夏は全然痛くならないのに。って。」

「にゃぁ。」

「こんなにマスクを装着した冬は初めてだけれど、マスクをして運動すると、呼吸がすごく楽な事に気づいたんだよ。それだけ空気が乾燥しているってことなんだろうね。」

「それで、タバコとご飯以外はマスクをしていたのですね。」

「そうそう。あまりの快適さに、寝る時もマスクしているわ。今までの、コンビニでマスクを買っていた行為は不経済だったね。100均様々だよ。」

「ダイソーで良いもの見つけましたって気持ちはわかりますけど、お父さん。マスク以上にお得な情報がありますよ。知りたい?。ねぇ、知りたい?。」

「何?、なに?。」

「禁煙!。」

スポンサーリンク