動物のしつけに使うアイテムとしてクリッカートレーニングという方法があります。これは、おやつを与える直前にクリッカーという道具を使って徐々に命令を与えるというもの。これを使えば自由お象徴である猫でさえ、お手もお座りもチンチンなどの芸を仕込めるという優れもの。

私もね、夢見るじゃない?。わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)だってやれば出来るって事、証明したくなっちゃうじゃん。だから買ったよクリッカー。

買ってからずっとキーホルダーに付けていつも身につけてるよクリッカー。サヨリちゃんと頑張ってやったさ、クリッカートレーニング。でもね、ヤツには、ヤツの魔性のような魅力には勝てなかった。ヤツの名前はチャオちゅ~る。

わが家の猫さまは、ちゅーるに対しては絶対服従なのです

クリッカートレーニングは若干の効果が見られたものの、世界のニャンコのような行動は起こしませんでした。それでも頑張ってご飯の時に「カチッ!」。おやつの時にも「カチッ!」。お散歩の前にも「カチッ!」。散々やった。やり散らかしてやった。でもね、フリーダムの住人には効力があまりにも薄かったのね。

ある日、ちゅーるタイムの時にふと思った。ちゅーるの袋の音だけであの有様。なんてぇ~の?、高倉健さんにボール投げたら加えて戻って来るくらいのインパクトあんのね、チャオちゅーる。そこで思ったわけです。

「クリッカーの代わりにちゅーるの袋使ってみれば?。」

って。予想通り、自由なサヨリちゃんが忠実なサヨリちゃんへと進化を遂げる事になるのです(笑)。

ちゅーる使ってやっている事

ちゅーるの空袋を使ってサヨリちゃんが出来る事。結構あります。お手もお座りもチンチンも未だに出来ませんが、袋をシャカシャカすると飛んでやって来るのは序の口。ちゅーるの袋が本領発揮するのは写真撮影の時。

ずっと寝こけているサヨリちゃんを覚醒させる効果に加え、死んだ目に命を吹き込む効果。ショボショボした目もちゅーるの袋の音でクリクリのお目々に大変身。袋をかざした方向を向いてくれるので写真撮影の効率もアップ。そんなちゅーるの魔法も長時間は持続出来ませんけどね(^_^;)。

ちゅーるの弱点

何度もブログで書いていますが、サヨリちゃんは食事制限中の身。なので、ちゅーるを食べられるのは週に1袋あるか無いか。ですから、袋の中身が空っぽだと気づかれたらアウト。サヨリちゃんの好奇心も蜘蛛の子を散らすように衰退の一歩を辿ります。

「どうせくれんのやろ?それ!。」

一度、そう認識していまえばジ・エンド。自分のお気に入りの場所にゴロンと寝転んでイビキをかいて寝てしまいます。そんなちゅーるですが、ここ一番の起爆剤としては有効的手段です。サヨリちゃんの活動時間に入って写真撮影可能な状態に入ったら、ちゅーるの空袋をフリフリしながら写真撮影しています。おもちゃで遊ばない子なので、今のところはちゅーる頼みな部分が非常に大きいですね。

ちなみに、サヨリちゃんは人の声や足音や車の音など大きな音がすると瞳が開いて可愛い顔になります。なので、外部の音がザワザワし始めたらシャッターチャンス到来です(笑)。


<スポンサーリンク>