嫁に喜ばれる!釣ったサヨリを新鮮かつ完璧に持ち帰る方法

サヨリを最高の状態で食卓へ!

サヨリは回遊魚。群れを成してグルグルと海を移動する魚。なので、一度、釣れ始めたらボコボコと釣れます。逆に、サヨリの群れが移動してしまえば、ぱたりと引きが止まってしまいます。この点に着目すれば、いつ釣れば良いのかは、もう、お分かりですよね。そう、サヨリが湧いている時間を知ればよいのです。そして、その時の潮の状態。大切なのはその2点。

全ては愛猫の為に!サヨリ釣りの攻略法より

先日、ブログでご報告したサヨリの釣り方。これだったら、お子様と釣りに出かけても良いかな?。そう、思いました?。しかしサヨリという魚は、一度釣れ始めると何十匹、何百匹と釣れてしまう諸刃の剣。そして、釣れ始めたら楽し過ぎて途中で止める事が出来ません。その心理については、ご自分で実際にサヨリ釣りを体験してみて下さい。きっとお分かりになられるでしょう(笑)。

スポンサーリンク

サヨリを最高の状態で食卓へ!

さて、せっかく角釣り上げた魚。最高の状態で、ご自宅に持って帰りたくはありませんか?。どんな魚でも同じですが鮮度を保つコツは、

「素早く絞める。」

そして、

「素早く冷やす。」

この2点が鉄則。海の水を入れたバケツに釣り上げた魚を入れると、家に帰るまで生きていそうですよね。ですが、結局はバケツの中でのた打ち回って市死に至ります。そうして持ち帰った魚は、鮮度は抜群なのに味がイマイチになります。ですから、鯛などの大きな魚でも同様です。大きな魚を手際よく殺すには少し経験とコツが必要です。逆にサヨリやイワシなどの小柄な魚は、「氷締め」と呼ばれる方法を行えば鮮度を保つ事が出来ます。その「氷締め」の方法は簡単です。

魚の鮮度を保つ氷締めのやり方

「氷締め」は、まず、クーラーボックスやバケツに氷水を作ります。その中に釣り上げたサヨリを放り込むだけです。この際、氷に入れる水は海水か塩水が効果的。氷と水では水温は零度にしかなりません。塩分を加えると、水は氷点下にまで下がります。キンキンに冷えた水の中にサヨリを入れると、一瞬で締る事が可能なのです。

更に、帰る前にクーラーの水を入れ替えると新鮮さを保つ事が出来ます。お子さんと釣り上げた魚を、鮮度の高いうちに奥様に届けましょう!。

昭和の旦那さんならここまでの処理で100点です。しかし、平成の旦那さん、この程度の仕事で帰ると、奥様からゲンコツされますよ(笑)。

新鮮で美味しいサヨリを嫁に!更なる極みへ!

さて、完璧なサヨリの持ち帰り方法の前に、とある40代後半の奥様の愚痴をお教えしましょう。

旦那さ、釣りに行くでしょ。

釣れたらアホみたいに釣って帰るでしょ。

ってかアホでしょ。

そんな釣って、誰が処理するの?。

それを私に任せて、ソファーで寝るんよ。

あんたさぁ、殺意、沸くわぁ~。

沸くやろ?。

それが全てです。作った話ではありませんよ。これが奥様の本音なのです・・・怖ぁ~。そんな、奥様の言い分を一言で表現するなら、

自分で釣った魚くらい、お前が処理しろよ!。

そういう事。ですから、釣りの合間にも仕事をしましょう。

サヨリ釣りは時間や潮目で、釣れたり釣れなかったりと波があります。一日中釣れっ放しなんて甘い考えは、さっさと捨てて下さい。サヨリが釣れなくなったら、その合間にサヨリの頭を飛ばながら次のチャンスを待ちましょう。

その道具として包丁とまな板を持参される方もいらっしゃいますが、面倒ですので調理用ハサミを持参しましょう。頭を飛ばしたついでに、お腹も開いてくれれば完璧です。ですが現実には、そこまでの時間は取れないと思います。せめて、頭を跳ねるところまでは、愛する奥様の為にしてあげて下さいね。

ここまでの準備さえあれば、奥様もご機嫌よく夕食の準備をしてくれると思いますよ。これで、不機嫌でしたら、もう、奥様と一緒に釣りを楽しむしかありませんね。奥様にも釣りの楽しさを教えてあげましょう。ご主人さん、ガンバです!。私は可愛い猫ちゃんの為に、この方法を実践しています。

ちなみに、ポケットコンロと鍋を釣り場に持ち込んで、その場でサヨリのフライを作る現場を見た事があります。これが一番、サヨリの旨さを引き出せる調理法でしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク