全ては愛猫の為に!サヨリ釣りの攻略法

我が家の猫様の名前はサヨリちゃん

わが家の猫様は、何処にでもいるキジトラ猫。名前をサヨリと申します。サヨリって変な名前でしょ?。でもね、それにはチャンとした理由があるのです。

元々、サヨリは息子が私に極秘で飼い始めた迷い猫。野良猫と呼ばないのは、去勢された痕跡があったから。きっと、どこかの家で飼われていた猫が迷い込んだものと思われます。その頃は、どうせ拾うなら子猫にすれば良いのに・・・って思っていたのも束の間。

スポンサーリンク

男同士

男同士

今、サヨリと毎晩、枕を共にしていると思えば、人生とは分からないものです。男同士ではありますが・・・(笑)。

さて、この迷い猫。どうやら夏の終わり頃から我が家を住みかとしていたようです。夏の終わりと言えば、これからがサヨリ釣りの本番。
そんな季節の事情もあって息子は毎日サヨリ釣り三昧。必然的に迷い猫のご飯は、釣りたてのサヨリとなるのです。サヨリばかりを食べていたので、いつしかサヨリという呼び名が定着。家族で唯一、婆さんだけがミーコと呼んでいましたが、サヨリと婆さんとの間には確執があるので猫の方が完全にシカトモード。その件についての話は長くなるので次の機会で。

さて、本題のサヨリ釣りに話を戻しますね。猫にも釣りにも興味の無かった私でしたが、後にサヨリを押し付けられる事になります。猫の餌を確保する為にサヨリを釣りに海へ出向くのも必然。というよりも運命だったのかも知れません?。

サヨリ釣りは、条件さえ揃えば小学生でも入れ喰いなのです。

小学生の頃、毎日海に行っては釣りをして遊んでいました。なので、釣りに対しての知識は少なからずあります。昔の海はとても綺麗で魚も豊富。サヨリなんて雑魚には見向きもしません。狙いは鯛(タイ)に、鮃(ヒラメ)に、鰈(カレイ)など。竜宮城で踊っていそうな魚ばかりを狙っていました。時は流れ、海は汚れ、僕らにとって雑魚でしか無かったサヨリ。今ではすっかり高級魚の仲間入り。それだけ漁獲量が減少したのかと考えると寂しくも思えます。

とは言うものの、サヨリ釣りは決して難しい釣りではありません。


ハヤブサ(Hayabusa) 弾丸サヨリ ぶっ飛び仕様 4-0.8 HA140-4-0.8

このような市販の仕掛けを使えば、特に知識も技術も必要とはしません。初夏から秋に見られる10cm級のエンピツサヨリでしたら、こんな仕掛けなど不要です。針と浮と糸さえあれば、餌が無くっても勝手に釣れてしまいます。記事を読んでいるみなさんは、「この、オオボラ吹き野郎!」と思われているかも知れません。しかし、しっかりと撒き餌でサヨリの群れをおびき寄せる事さえ出来れば、針に餌なんか無くってもガンガンと釣れてしまうもの。餌アリと無しとの差は、サヨリがヒットするまでの時間くらいのものでしょう。ですから、サヨリ釣りは、小学生の子供や初心者でも簡単に楽しめるビギナー向けの釣りなのです。

サヨリ釣りで大事なのは、小手先のテクニックよりも情報収集力。これに尽きます。どうして情報収集力さえあればサヨリが釣れるのかが理解出来れば、誰だってサヨリの入れ喰いが楽しめるのです。その為にひとつだけ、徹底的に潜在意識に刷り込む必要がある鉄則があります。

ちなみに私が使っている針は、


OWNER(オーナー) OH サヨリ専用 4-0.8

このタイプ。仕掛けの針は一本だけで十分です。

針の大きさは小さい方がサヨリは沢山釣れます。沢山釣れる代わりに大物の数は少なくなります。ですが、何も釣れないのが一番シャクなので、私は出来るだけ小さな針を使うにしています。

針の色には金・銀・赤などのあります。色はお好みで・・・そう申したいところですが、私の経験上では赤が一番、サヨリの喰いつきが良いと思います。ですから、赤からスタートして、状況に合わせて針の色を変えています。サヨリが釣れ始めたら、針の色なんて関係ないですけどね(笑)。

肝に銘じろ!サヨリが居ない場所では絶対に釣れない

魚の居ない場所では、絶対に魚は釣れない。
魚の居る場所では、絶対に魚は釣れる。

これは、全ての釣りに共通な鉄則です。当たり前と言われればそれまでですが、海の底の魚の情報を、アナタはどうやって知り得るのですか?。こよなく海を愛する釣り人の口は堅いですよ(笑)。

サヨリは回遊魚。群れを成してグルグルと海を移動する魚。なので、一度、釣れ始めたらボコボコと釣れます。逆に、サヨリの群れが移動してしまえば、ぱたりと引きが止まってしまいます。この点に着目すれば、いつ釣れば良いのかは、もう、お分かりですよね。そう、サヨリが湧いている時間を知ればよいのです。そして、その時の潮の状態。大切なのはその2点。

潮が引き始める引き込みと、満ち始める満ち込み。この時間帯に海水と共にプランクトンなどのサヨリの餌が動くので、サヨリの食欲が増加します。そのタイミングで撒き餌を海に撒くと、サヨリがワッサワッサと沸いてきます。周りにいたサヨリが集まるのでは無くって、海の底から湧き上がる感じ。その状態をキープしつつ、釣り上げるのがサヨリ釣りの醍醐味。

「そんな事言っても、その時間が分からへがな!!。」

通常、釣り人は釣り場にネットワークを持っています。

  • 昨日は釣れた
  • ○○時頃から調子が上がった
  • 今日はイマイチ

など、釣りをしている友人から情報を得ています。ケータイが無い頃は、それでも釣り場へ足を運ぶ必要性がありましたが、今ではラインに書き込んで貰うだけでオッケー。実に良い時代になりました。ですから、釣り場の近所に知り合い。例えば、親せきのおじさんやおじいちゃんなどが住んでいるのでしたら、サヨリの情報を事前に聞いておきましょう。そのようなネットワークが無い場合は、以下の手順を踏んでください。

  • 釣りに行く日を決める
  • 釣りに行く場所を決める
  • 干潮と満潮の時間を調べる
  • その日の天気を調べる
  • 潮の動いている時間に合わせて釣り場へ行く
  • 釣り場で釣り人がいたらチャンス!

本来は潮に合わせて日時を設定しますが、海から遠い場所に住まわれていて、お休みが自由に取れない方は、事前に当日の潮を調べる必要があります。というのも、天気予報違い、必ずその時間で潮は満ち引きします。また、満潮と干潮との水位の差が大きい大潮の日は、魚が釣れ安いので、お休みと大潮とが重なったら大漁フラグが立った状態です。

ですが、いくら大潮でも雨の中での釣りは辛いものです。長い竿を使うので落雷の危険性も否めません。曇りの日が釣れやすいという話もありますが、出来るだけ快晴の日を選びたいものです。

お休みの日に、釣りに行く場所も決まり、大潮で、お天気で、朝から潮が動いている。

この条件が揃ったら、私なら軽く2時間くらい釣りに行ってますね。行った先で、釣り竿が何本も並んでいたらラッキーです。そこでは、しっかりと知らない人が撒き餌さをばら撒いているので、その周辺にサヨリの群れが集まっています。さらに、先客がサヨリを釣り上げていたらセット完了。自分の場所を確保して、自分の場所にサヨリをおびき寄せますね。

はーい、ここで、オリジナルな撒き餌のレクチャーしまーす。どこにも売ってないオリジナルですから、作り方を誰にも言ってはダメですよ。

秘密の粉で作る!撒き餌の作り方

この撒き餌レシピはサヨリ専用ではございません。回遊魚全般に使っています。ですから、

  • サヨリ
  • アジ
  • サバ
  • イワシ

などでも同じ作り方です。では、特製撒き餌の作り方。

  1. 海水+米ぬか+土+味の素を混ぜ合わせます

終了。

撒き餌さの最大の目的は、海水を濁らせる事。ですから、特別な餌は必要ありません。餌は針に付けるものなのです。撒き餌さでサヨリのお腹が満たされるなんて笑止千万。米ぬかと味の素の香りでサヨリを誘き出し、


【釣り餌】【冷凍釣りエサ】【オキアミ】ヒロキュー沖アミマキエ用約3kg 4個セット

オキアミを刺した針で釣り上げるちゃうのです。ある程度、サヨリが狂って来たら餌なしでもサヨリは釣れますよ(笑)。便宜上、オキアミの画像をAmazonからお借りしています。オキアミは釣具屋さんでブロック1個200円位で販売しているので、そちらの方がおススメです。

サヨリ釣りのまとめ

長々とサヨリ釣りの話を書きましたが、全てを集約すると、

  • 大潮の日で、
  • 天気の良い日に、
  • 特製の撒き餌を海に撒きながら、
  • サヨリ用の小さな赤い針に、
  • オキアミを刺して、
  • 釣ってみて(笑)。

という事です。釣り場へ行って、先客の誰もが釣れていない時。そんな時は、スマホでゲームでもして時間を潰しましょう。そして、全体的に釣れ始めたタイミング竿を下す。これが最もサヨリを効率よく釣り上げる方法です。サヨリが居ない海に幾ら撒き餌を撒いても無駄なだけ。ある程度、サヨリが集まった時、贅沢に撒き餌をまき散らすのがサヨリを集めるコツです。

そう、サヨリ釣りの本質は、如何にして長時間、自分のテリトリーにサヨリの群れを留められるのかで勝負は決まるのです。ここだけ押さえておけば、サヨリ釣りも楽しいですよ(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク