スマホとアプリで猫写真

先日、ブログでご報告したとおり私のカメラは虹の橋を渡りました。今頃、最後の審判を受けている頃では無いでしょうか?。安らかに天国へ行って欲しいものです。突然の出来事に24時間ばかりやる気を無くしていましたが、

「世の中にはスマホ1本で成立させている方もいらっしゃる!。自分にだってスマホもどきはあるじゃないか。でも、やっぱりミラーレスには敵わないでしょ?。だったらアプリで逃げ切るべ。」

っという事で、良さげなスマホアプリを探してみました。

スポンサーリンク

Phonto 写真文字入れ

色々探してみて良さげだったのアプリが「Phonto」。写真の加工も出来るし、文字入れも簡単。これならわざわざパソコンを立ち上げてから写真に文字入れする手間も無く、空いた時間にちゃちゃっと写真を作る事が出来ます。

Phontoで試しに作ってみた画像。

おトイレ中、失礼!。

Phontoの使い方は直感的。スマホ嫌いな上に初めてアプリを使った私でさえ3分ほどで出来ちゃった。テーマを適用することで、撮影する腕の悪さも誤魔化せそうです(^_^;)。

文字入れも楽だしフォントの種類も豊富。さっと撮影してからちゃっちゃと加工。新しいカメラを買うかどうか思案していましたが、スマホとアプリで遊んでみるのも楽しいかも知れません。

今までと違った感じでキジとらをやってみるのも乙なもの。私の持っているのはiPhoneではなくてiPod touch(リンク先はAmazon)。カメラの予算を貯めておいて、新型iPod touchが出たらそちらを買うという選択肢も見えてきました。

一眼レフのボケ感や繊細さは非常に魅力的ですが、スマホレベルの写真でもアプリの使い方ひとつでどうにでもなるような気がして来ました。容量とバッテリー持ちの悪さに対する不満はありますが、当面の間、キジとらの写真はiPod touchでやって見ようと思います。

お手軽さという観点からすれば、このサイズと形状は簡易カメラとして最強だと思いした(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク