ダイエット中だけれど、ヤマザキ黒糖フークレエが食べたいな。

「2015年とは古い写真ですね、お父さん。」

「そうなんだよね、サヨリちゃん。このパンは、ヤマザキ黒糖フークレエと言うんだよ。2015年頃までは、普通にコンビニでもスーパーでも売っていたのだけれど、全然見なくなっちゃったんだ。菓子パンの中で一番好きなのがフークレエだよ。」

「えーーー!。メロンパンの立場が無いじゃないですか?。あんなにも食べたがっていたのに。彼女がいながら、元カノの想い出話を語っているようなものですよ。可哀想なメロンパンちゃん。」

「話が飛躍し過ぎだよ、サヨリちゃん。パンの話なのだから。まぁ、まぁ、熱くならないで。」

スポンサーリンク

フークレエはどこに行っちゃったのか?

「これ、美味しいんですか?、お父さん。ボクにはただの蒸しパンにしか見えませんけれど?。だったら、スーパーで蒸しパンを売っていますよ。」

「スーパーで売っている蒸しパンには大問題があるんだよ、サヨリちゃん。」

「蒸しパンは蒸しパンですよ、何が違うというのでしょう?。」

「スーパーの蒸しパンの中にはレーズンとかサツマイモとかが入っているでしょ?。サツマイモは許せるとしてもレーズンは解せん。」

「にゃるほどね、レーズンが嫌いなんですね。レーズンも健康に良いとされているのですから、サバ缶みたく食べてみれば良いのに。」

「レーズンは何度も食べたよ、サヨリちゃん。でもね、あの口の中でクチュって潰れる感覚がどうもイモ虫を喰っているようで嫌なの。」

「イモ虫を喰った事があるんだ。なんか・・・お父さん凄くね?。」

「イモ虫は喰った経験はありません!。そんな感じがするだけです!。それと、フークレエの黒糖の甘さがミルクと合うんだよね。口の中でフークレエが牛乳を吸い込む幸せ。猫のキミのは永久に分からんよ。」

「分かるわけがありませんよ、お父さん。ボクがちゅーるを愛する気持ちが分からないのと同じ事ですよ。」

「確かに。」

「それで、ヤマザキ黒糖フークレエとやらは、もう、販売が中止されたのですか?。お父さんにように入れ込んでいる人も大勢いたんじゃないでしょうか?。」

「そう思って、さっきヤマザキ公式サイトを見て来たのだけれど、普通に販売はされているようだね。ヤマザキデイリーストアーに行けばあるんじゃないかな?。」

「近くには無いコンビニですね。」

「そうなんだよ、サヨリちゃん。昔は近くにあったのだけれど、全部、違うコンビニになってしまったからね。」

「じゃぁ、コンビニまで弱虫ペダルして来れば?。」

「サヨリちゃんは何でも簡単に言うね。一番近いヤマザキデイリーストアーでも、そうだなぁ・・・片道30~40分くらい自転車で走らなければならないよ。」

「だったら丁度いいじゃないですか?、お父さん。」

「なんで?。」

「写真のカロリー表示を見たら、662kcalって明記されていました。ダイエット中の身なのですから、それくらいの運動量は消費して頂けなければ困りますね。逆に言えば、頑張ればフークレエが食べられるというものです。って何やっているんですか!お父さん!。」

「Amazonで普通に売っているなぁ~って思って・・・。サヨリちゃん、買ってみよっか?。」

「このビチクソ丸がぁ~~~!。」

「ピチクソ丸が久しぶりに出た。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク