ダイエット中の深夜の空腹問題解消法が猫

「あ~、ラーメン食べたい。とんこつラーメンとご飯が食べたい!。この際、カップでも袋でも良いわ。お腹パンパンにして眠りたい・・・。」

昨日の体重計測で心が折れていますね、お父さん。ダイエットは始まったばかりじゃ無いですか?。たかが数値の変化が皆無だった事なんて気にしないで下さいよ。本当の地獄はこれからですよ。それと、夜のラーメンは禁止です。この豚野郎め。」

「相変わらすサヨリトレーナーは厳しいね。そのドSぶりは、愛情なのか趣味なのか、時々、分からなくなるよ。あ~、スパゲッティ食べたい。ケチャップでビチビチになった熱々のスパゲッティの上に、粉チーズをぶっかけて一気食いしたい。」

「仕方の無いお人だ。今からボクが最強魔法をかけてあげましょう。これで、どんなにお腹が空いていても、決して食事は取れません。パカラ・パカラ。」

「『パカラ・パカラ』って何だよ?。お願いだから、縄で縛らないでね、鬼畜トレーナー。」

スポンサーリンク

猫魔法、金縛りの術!

「猫魔法、金縛りの術ですにゃ!、パカラ・パカラ。」

「魔法なのか忍術なのかどっちやねん?。それと『パカラ・パカラ』何ですのん?。」

「それでは、失礼しまーす。よっこらしょっと。」

「マジか!、それ、やるか?。」

「ゴロゴロゴロゴロ…ゴロゴロゴロゴロ….。」

「ここで乗る?。お父さんの膝の上に乗るの?。」

「これでお父さんの動きは封じました。台所はおろか、トイレにも行けませんにゃ。ゴロゴロゴロゴロ….。」

「ゴロゴロゴロゴロ…って、呪文だったんだね、サヨリちゃん。」

「ゴロゴロゴロゴロ….ゴロゴロゴロゴロ。」

「お父さんに背を向けて、どんな顔をしているのかと思ったのだけれど、そんな顔をしていたの?。可愛いお顔しているのかと思っていたら、それって一徹さんやん。鬼の形相、星一徹さんですよね。」

「やかましいわい。飛雄馬!空に輝くあの星が見えるか。あれが巨人の星だ。」

「それ、昔から思っていたのですが、どう見ても金星ですよね?、一徹さん。金星は、宵の明星でもありますから。」

「やかましいわい。飛雄馬!空に輝くあの星が見えるか。あれが巨人の星なのだ。」

「わかったよ、父ちゃん。」

「飛雄馬、わかってくれたか。ワシは今、猛烈に感動しているぞ。・・・・。」

「父ちゃん?。」

「・・・・。」

「一徹さん?。」

「・・・・。」

「一徹サン、本気で寝ちゃいましたか。こうなると、本当にしばらくの間は身動きが取れませんね。ついさっきまで、頭のなかで豚骨ラーメンライスがグルグル回っていたのですけれど、そんな気持ちも無くなってしまいました。今夜は諦めて寝ることにします。いい夢見ろよぉ。」

「グ~~~。」

「あ~、何かムカつくぅ~。ナデナデしてやる!。」

「お~、もっとして。」

僕の深夜の空腹対処法
ダイエット中、空腹に耐えかねて冷蔵庫へ向かおうとした時には、迷わず猫を膝の上に乗せましょう。膝の上で猫が寝てしまうと、飼い主の精神状態に関わらず、飼い主は絶対に動けなくなります。この方法は、猫のみならず全てのペットで有効な手段だと思われます。
ちなみにサヨリちゃんの場合、夏場以外では毎晩この状態です。僕の事をカイロか何かだと思っているのでしょうけれど、ダイエット中は非常に助かっています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク