ダイキのトラック貸出しサービスとやらを使ってみた

事務局がモノで散乱し始めたので、断捨離をしようと思ったのだけれど、いまはまだ捨てられないモノばかりなので断念。でも事務局の中がうざったいし、わが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)の為にも事務局内はスッキリさせるべきだと考えて、小物類は新たに野菜収穫用コンテナを購入する事にした。今、使っているコンテナは西村ジョイで買ったもの。その時は大家さんの軽トラを昼メシで買収してコンテナを運んだ。だがしかし、今回、大家さんは不在。そこで、以前から気になっていたダイキのトラック貸出しサービスを使ってみることにした。

スポンサーリンク

まずは電話でお問合せ

善は急げ!でチャリで突っ走るのも良いのだけれど、今日は生憎の強風日和。もしもの事があれば精神的ダメージも大きく、ここは慎重に電話で問合せるのが正解。電話で問い合わせて分かった内容は、

  1. 無料で軽トラを貸してくれる
  2. ただし、ダイキでお買い物はして下さい
  3. 1時間以内に返却して下さい
  4. 免許証の提示をお願いします
  5. 今なら軽トラを使えます

この5点。

今使えるのなら行くしか無いでしょ!。という事でダイキへ直行。コンテナ14個とクレ556(CRC)とサヨリちゃんのちゅーる(老猫用)を購入して、トラック無料貸出しの手続きをサービスカウンターで行う。手続きと言っても簡単で、伝票に住所、氏名、電話番号を記入して、軽トラの場所へ案内されていざ事務局へ!。

トラック無料貸し出しサービスを受けてみました

僕の想像していた軽トラとは違い、もうね、車内が新品の自動車の香りなのです。しかもオートマ。軽トラなのにオートマチック。エアコンはガンガン効くし、乗り心地も良くって父さんはご満悦だよ、サヨリちゃん。

軽トラを使える時間が1時間もあるのだから、ついでにマルナカとかマルヨシセンターにでも寄って、お買い物でもして帰ろうかと、僕の中のサタンが囁いたのだけれど、それは人として如何なものかと、僕の中のミカエルが全力で止めたので、コンテナを運んでサヨリちゃんの頭をナデナデしてから直ぐにダイキへ返却しました。

返却は、元あった場所に軽トラを駐車して、サービスカウンターで鍵を返却。その後、店員さんに軽トラのチェックをしてもらって終了となります。利用者の中には、軽トラをぶつけておいて知らん顔で帰ってしまう無責任な輩もいるのだそうで、車のチェックはボディやエンジンなどが行われます。

ちなみに、軽トラを利用した所要時間は10〜15分くらい。自転車なら何日もかけて、何往復もしなければならないのですから、文明の利器(軽トラ)の偉大さが身に染みて分かりました。

今までホームセンターで大きな買い物をしても運ぶ手段が無かったので、どんなに必要だとしても断念せざるを得なかったのですが、軽トラを無料レンタルしてくれるので、ちょっとした大きなモノはダイキで買おうと思います。

ただね、50ミリのスタイロフォームを売ってないんだよね。今、一番欲しいのはそれだから。それが少し残念。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク