ダイソーの樹脂粘土でミニチュアご飯を作製

ね「お願いですから止めて下さい、お父さん。」

「どうしたんだい?、サヨリちゃん。」

「不味いですって、注射器と白い粉って。もはやキジとらがアングラの域へ突入していますよ。」

「何で?。」

「何でって、馬鹿ですか?。おまわりさんが来ちゃいますよ。」

「だって、これはお米だよ。」

「ラ・イ・ス?。・・・恵方巻きの?。」

「そう。」

スポンサーリンク

恵方巻き用の酢飯を製作

「ご飯が二種類ありますけれど。米粒の大きさが全然違いますね、お父さん。」

「右側がタイソーの注射器で作ったお米。左側がチネリしたお米。ラーメンの麺やパスタ麺に続いてダイソーの注射器、恐るべし!。」

「でも、明らかに以前に比べて注射器の穴が小さいと思うのですけど?。」

「言ってなかったっけ?。注射器を改造して細麺仕様にしたんだ。だから、うどんだけじゃなくって、小さなラーメンやパスタにも対応可能になったのさ。」

「どうやって?。」

「話が長くなるといけないからね、注射器の改造方法は日を改めて書くことにするよ。」

「それで、これだけのお米を作るのにどれくらい時間が掛かりました?。」

「もうね、地獄。地獄の1時間。単純作業の繰り返し。もはや『取ったどー!』の世界だよ。チネラーだわ。」

「辛かった事だけは十分に伝わりました。」

「この注射器って優れものでね、途中下車が出来るんだよ。」

「途中下車?。」

「樹脂粘土は時間と共に固まるでしょ?。だから、終わるまで止められないデメリットがあったんだよね。でも、注射器の場合はセロハンテープを貼れば時間を開けてからの再開も可能なのです。」

「それは凄い事なの?。」

「こんなチマチマした作業なんて、何時間もやってられね~わ。空いた時間・・・ってか、暇つぶしの時にやればいいじゃない?。樹脂粘土が入った注射器だけ持ち歩いていたら、いつでもチネリ再開出来るからね。」

「これは恵方巻き用で作っているのでしょうけれど、お父さん。ライスが出来ればフェイクフードのバリエーションも広がりますね。」

「まずはお寿司。それから、カレーとか焼き飯とか色々使えるからね。面倒くさいけど頑張って作るよ。」

「ところですすが、お父さん。それって、型取り出来ないものですか?。」

「今、サヨリちゃん良いこと言った!。そして可愛い!。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク