こっちも簡単!ダイソーの石粉粘土で下向き猫を作ってみた

「手が冷たいよ、サヨリちゃん。」

「冬ですからね、お父さん。暑いほうが変なんですよ!。」

「手も冷たいけれど、サヨリちゃんも冷たいね。」

「ボクはお父さんの作ってくれたコタツがあるから常夏ですにゃ!。」

「はい!出来たよ、『ねこひねり』三番手の下向き猫。」

「今日は雑ですねぇ~。」

「うるさいわ。」

スポンサーリンク

ねこひねりNO.3下向き猫

「猫が下を向いているにしては哀愁漂ってますね、お父さん。」

「そしゃそうだよ、サヨリちゃん。手が冷たくって冷たくって、お父さんの寂しさが粘土に投影されたんだよ。」

「横から見ると手抜き感が半端ないですよ、お父さん。粘土に割れ目が沢山見えます。」

「だいじょうぶ、だいじょうぶ。後から修正出来るから。さっきなんて、招き猫の頭が取れたよ。ビックリしたけどボンドでくっつけたら直ったよ。」

「石粉粘土って、許容範囲が広いんですね。」

「これで3体目ですね、お父さん。」

「ねこひねりの本には12体の猫があるから、まだまだゴールは遠いよね、サヨリちゃん。」

「夏の方が良かったんじゃないですか?。」

「夏になると、逆に粘土が固まる速度に追われそうだからね。冬で良かったかも知れないって思っているよ、サヨリちゃん。」

「粘土には慣れましたか?、お父さん。」

「ちょっちね~♪。」

「色はいつ塗るの?。」

「粘土が乾いたらいつでもGOだよ。」

「アクリル絵の具は買って来たの?。」

「買って来たよ、サヨリちゃん。」

「筆は?。」

「ちゃんとあるよ。馬の毛で作られた筆だよ。」

「パレットは?。」

「心配症だね、サヨリちゃん。ちゃんと買ってありますって。」

「ところで、ちょっと触って良いですか?。」

「ダメっ!!!!!。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク