ダイソーの石粉粘土とおしがたでドーナツ作ってみた

ハンドメイド

「ドーナツの型ですね、お父さん。今日は猫は作らないの?。」

「今日はダイソーでアクリル絵の具を買ってきたんだよ、サヨリちゃん。いきなり猫で絵の具を塗るのが怖いから、ドーナツで試そうと思ってね。なので、今日はドーナツを作るよ。」

「つまんにゃーい。」

スポンサーリンク

ドーナツは、色塗りのお試し用

「アクリス絵の具は良いのですが青色が見当たりませんね、お父さん。」

「青色だけが無かったんだよ、サヨリちゃん。でも、サヨリちゃんに青は無いから問題ないでしょ?。」

「猫型ロボットじゃないですから、青が無くても大丈夫そうですね。」

「なんだかんだ話している間に、サヨリちゃん。出来たよドーナツ。このどーなつのかたはシリコンじゃないから、こんな道具が無いと型から外すことが出来なかったよ。写真は石粉粘土を固めているところだよ。」

「で、型から粘土は取れたの?。」

「2時間くらい放置して粘土を型から外したよ。」

「どうでも良いですけれど、お父さん。仕事が荒いですね。」

「いやいや、この型から取り出すのが大変だったんだよ。石粉粘土が固まったら、ドーナツを磨いて形を整えるよ。目的は色を塗ることだけれだからね。どんな仕上がりになるのか見るだけだから。」

「色を塗り終えたら完成ですか?、お父さん。」

「最後につやだしニスを塗って完成です。」

「ダイソーでニスが見つからなかったら、ホームセンター(西村ジョイ)で買ったんだ。粘土細工用だから大丈夫だと思うよ。」

「何から何まで初めてだから全然先が見えませんね、お父さん。」

「ドーナツでひと通りの工程を体験できるからね、粘土ドーナツが出来たら猫の完成イメージも涌いてくると思うよ。」

「なにはともあれ作って見てからのお話ですね。」

「そういう事だよ、サヨリちゃん。」

「ところで、ボクの出番がありませんが?。」

「だって、コタツの中から出てこなかったじゃない。一応、声は掛けたんだよ、サヨリちゃん。」

「起きるまで、本気で起こしてよ!。」