ダイソーの粘土で月見うどん

「完成ですね、お父さん。」

「荒削りだけれど、まぁまぁ出来たね、サヨリちゃん。」

「お出しが透明ですけど?、着色しなかったの?。」

「UVレジンの着色方法も曖昧だったし、紫外線を当て過ぎたら黄色みがかって来るそうだから、そっちで色が出れば良いかなって思って。ちなみに数日経ってもレジンの色は透明なままですなぁ~。」

「月見うどんなのに色々乗せましたね、お父さん。欲張りさんですか?。」

「毎回実験するのも面倒だから、出来そうなものは一緒に作ったんだよ。時短の一環です。」

スポンサーリンク

100均の粘土で月見うどん

「玉子に、お揚げさんに、蒲鉾に、ねぎ。贅沢な月見うどんですね、お父さん。そこで質問があります。たまごはどうやって作ったの?。」

「たまごは黄色の樹脂粘土の上に木工ボンドを乗せただけだよ。最初は白いのだけれど、ボンドが乾くと透明になるんだよ。」

「だったら、今の白い所は透明になるの?。」

「分かんないな。最初は透明だったのだけれど、ボンドを剥がした瞬間に白くなっちゃった。このままかも知れないね。」

「大中小と揃い踏みですね、お父さん。仕上げるまでには、どれくらいの時間が掛かりますか?。」

フェイクフードうどんを作る作業時間は?

「一番時間が掛かったのは丼だったよ、サヨリちゃん。1個作るのなら、完成までに2日くらい必要かな?。でも、沢山作るのなら1個1時間も掛からないじゃないかな?。」

「1時間では出来ないでしょ?。」

「そうでもないよ、サヨリちゃん。大量に丼を作って、大量にうどんの具材を作れば良いだけだから。次からは全部樹脂粘土で作るから、更に作業時間は短縮されるよ。」

「でも、もうダイソーの樹脂粘土に白は半分くらいしかありませんけど?。」

「フッフッフッ。既に注文しているのだよ、サヨリ君。楽天というモールでグレイスをね。」

樹脂風粘土グレイスを楽天市場からお取り寄せ

「いつもなら、何でもAmazonなのに。どうしてグレイスは楽天にゃの?。」

「楽天ポイントがあったのと、ユザワヤさんところのグレイスは安かったからだよ、サヨリちゃん。石粉粘土のリーズナブルさも捨てがたいのだけれど、樹脂粘土の使い勝手の良さは癖になるよ。手も汚れないし。」

「だったらダイソーの樹脂粘土でも良かったんじゃない?。」

「コスパですよコスパ。」

「ニャルほどね~。」

他のうどんは作るの?

「お父さん、粘土でおうどんが作れる事が分かった今。他のおうどんも作るのでしょ?。」

「当然だよ、サヨリちゃん。フェイクうどんは本丸では無いのだけれど、やっぱり讃岐で住んでいるのだけれね。うどんは外せないわ。まだまだ改良余地もあるしね。」

「うどんも結構ですけれど、招き猫も早急に試作品をお願いしますニャ。」

「御意。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク