チッチャ過ぎ!樹脂粘土でバターロール

「チッチャぁ~。老眼なのに頑張りましたね、お父さん。」

「頑張ったよ、サヨリちゃん。サージカルル-ペが欲しくなったくらいだ。」

「サージカルルーペ?。」

「大門先生がオペで使ってる拡大鏡だよ。」

「あんなのかけて粘土作るの?。それは変態の粋ですよ、お父さん。志垣太郎さんのビッグルーペとか舘ひろしさんのハズキルーペくらいで留めて置いて下さい。」

「そりゃそうだね、サヨリちゃん。見えれば何でもいいけどね。」

スポンサーリンク

粘土でバターロール

「こんなに小さいのに1個しか作らなかったの?。」

「1個しか作れなかったんだよ、サヨリちゃん。最初に作ったら良かったのだけれど、パンシリーズの最後に作ったから心が折れました。この小ささは地獄だよ。」

「10個くらい並べてれば、良い感じのボリュームだったのに・・・。」

「だ・か・ら、心が折れたんだって!。」

「それはそうと、お父さん。ボクに大切な頃をお忘れでは無いですか?。パンシリーズも、このバターロールで最後なのでしょ?。」

「大切なこと?。」

「そう、大切なこと。」

「何だっけ?。」

「もう、いいでしょう?。」

「最後にチーズがあるから。」

「あるからじゃねーよ。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク