テイクアウトの醍醐味!ココイチのビーフカレーを堪能

ココイチのカレーファンなら、

「ココイチのカレーを腹いっぱい食べたい!」

そんな衝動に駆られる事があるでしょう?。わたしもそんなココイチファンのひとり。でもね、お腹いっぱいココイチのカレーを食べようとすると必ずぶち当たる問題があります。そう、予算という大きな壁がわたしの前に立ちはだかるのです。予算1,000円以内でココイチを堪能できるメニューは無いのか?。それを考えて行き着いた先がビーフカレー。我ながら良い着地点を見つけたと思いました。

店内でビーフカレーを食べるのは、何となくお店の空気が許さない気がします。そこでテイクアウトする事で状況を打破。プライベートスペースで食べるのですから誰に気兼ねする事も無く食べられます。写真だって撮り放題という特典付き(笑)。

スポンサーリンク

カレーハウスCoCo壱番屋 ビーフカレー500gをテイクアウト

ココイチビーフカレー(500グラム)2016_商品表示

低予算でガッツリとココイチを食べるというコンセプトでわたしが選らんだメニューが、ビーフカレー、500g、普通辛。レシートを紛失したので正確な数字は忘れましたが800円台で食べる事が出来ます。

ココイチビーフカレー(500グラム)2016_ルーとライス

もうね、トンカツとかチキンカツとかのトッピングが無いと絵面が非常に寂しいです。でも、よくよく考えて見ると家で食べるカレーってトッピングなんて贅沢なものが乗って無かった事に気付きました。カレーを腹いっぱい食べたいのだからビーフカレーで良いのです。

CoCo壱番屋のポークカレーをテイクアウト 上部全体

写真は過去に食べたポークカレー、400g、4辛。値段だけで選べばポークカレーが最も経済的ではありますが、ポークカレーには具が全く入っていません。食べている間に味に飽きてしまうのが大きな弱点。

CoCo壱番屋ビーフカレー蓋オープン

一方、ビーフカレー(写真は400g、4辛)には牛肉がしっかりと入っています。また、その牛肉の存在感で最後まで飽きずに食べ切る事も出来ます。わたしのような大食いタイプなら、ポークよりもビーフが満足感も大きくてオススメです。味はみなさんご存知の通り、スパイシーの中にコクのあるルーが多くの人々の胃袋を掴んで放しません。ですから、味に対するコメントなんて不要です。ですから、ここから先はビーフカレーの写真をご堪能下さい(笑)。

ココイチビーフカレーの写真

ココイチビーフカレー(500グラム)2016_ルーのアップ

400g以下なら容器はひとつ。500g以上であるのならライスとカレールーとの容器が別々になります。ライスが多くなった分、カレールーの分量も多くなったような気がしました。

ココイチビーフカレー(500グラム)2016_4

写真で見てもカレーの具がしっかりと確認できます。ポークカレーではそうは行きません。もうね、ルーだけカレーになってしまいます。

ココイチビーフカレー(500グラム)2016

キーボードが写り込んでいるだけで、夜なべして仕事をしている風に見えますね。違う捉え方をすれば、ネットゲーマーの食事風景にも見える写真です。

ココイチビーフカレー(500グラム)2016_0

角度が浅いと立体感が増します。

ココイチビーフカレー(500グラム)2016_側面

最低、月イチで食べたくなるカレーハウスCoCo壱番屋のカレー。テイクアウト出来るのならビーフカレーで十分。人目も気にせず写真を撮影しながら伸び伸び食事を楽しめますよ(笑)。

まとめ

写真を見て気付きましたが、ライスを500gにするとライスの器とカレーの器がそれぞれ独立して容器が2つになるんですね。ライスの分だけカレールーの量も多くなっています。

顔を洗う猫

わが家の猫様が近くにいてもほっともっとなどの普通のお弁当の場合と違い、カレーの香辛料の香りの効果で食事の邪魔される事は一切ありません。ペットからの食事妨害などを考慮すると、テイクアウトとしてのカレーのチョイスは大正解だと思います。

予断ですが、ココイチでカレールーが足りなくなった時に店員さんに頼むとお玉一杯だけ無料でルーを足してくれるそうです。実際に頼んだ経験がありませんので、このお話は都市伝説レベルのお話。チャレンジャーの方は試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク