テレビって凄いね!ドクターXとアクセス解析

「コレは何ですか!、何やらかしたんですか?、やらかしちゃったの?、お父さん。ボクは軽く恐怖を覚えていますよ。」

「ほんと、凄いね。毎日、これなら楽しいかもね?。」

「呑気な事を言っていないで、原因を教えてくれませんか?。それが分からないと、もの凄く気持ちが悪いんですよ。」

「へぇ~。心配症だね、サヨリちゃん。キミ、もしかしてA型かな?。」

「ボクらの血液型は猫AB式で分類されます。A型、B型、AB型があって、人間のようにO型は存在ません。・・・って、今はそんなお話では無いでしょ!。」

「そうだったね。アクセス解析の異常値のお話でした。もう、原因は分かっているので心配しなくても良いんだよ。」

「で、その原因は何ですか?。」

「ドクターX。」

スポンサーリンク

急激なアクセスアップの原因は、去年書いたベン・ケーシー

「ドクターXってフリーランスの外科医のドラマ?。」

「そうそう、。『私、失敗しないので。』のね。」

「それと、これと、一体全体どのような関係があるのでしょうか?。」

2016年7月3日(日)21時~23時10分放送、『ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル』。高視聴率は午後11時4分にマークした25....

「この記事、去年書いたでしょ?。」

「あぁ、こあぶちゃんの記事ですね。覚えていますよ、お父さん。去年は『キジとら』が出来たばかりだったので、色々と記事にしていましたものね。ボクが主体になったのは、去年の年末からですよね、お父さん。」

「そうだったね。去年はオリジナルコンテンツなんて無かったものね、サヨリちゃん。おいで姐さんやNaru姐さんやクチュリ姐さんの登場で、ブログの内容が一気に変わったんだよね。もう、感謝しか無いよね。」

「そうですね。色々な人たちに支えられて今の形になりました。全ての人たちに感謝ですね、お父さん。それはそうと、去年の記事がどうかしましたか?。」

「この数字が出た時、テレビでドクターXの新シリーズが放送されていたんだよ。でね、アクセスが一気に上がった瞬間が、いつものマージャンのシーン。晶(あきら)さんの膝の上にはベン・ケーシー。お父さんの膝の上にはサヨリちゃん。そして、アクセスがドッカン!ってさ。テレビって凄いねって毎回思うわ。」

「にゃるほどぉ~。これには、そんなカラクリがあったのですか。ブログって過去に書いた記事からもアクセス効果があるんですね。ってか、蛭間教授が返り咲いた瞬間からアクセスマックスを記録しましたよ、一瞬でしたけれどね、にゃ、にゃ、にゃ。」

「そうだよ。でも、こんなにアクセス効果が上がる記事は稀だけどね。毎回、こんな記事が書けたら良いよね、無理だけれど。誰か記事を書いてくれないかなぁ~。」

「だったら、ボクが記事を書いてみましょうか?。」

「ホントに出来るの?、サヨリちゃん。キーボード打てるの?。大丈夫かな?、猫なのに。」

「私、失敗しにゃいので。」

「御意!。」

スポンサーリンク