【ネイル】ドットペンって何さ?【粘土】

「また小さな細工棒ですね、お父さん。」

「これはドットペンって言うんだよ、サヨリちゃん。そして、これは粘土用では無くってネイル用なんだよ。」

「ネイル用ですか?。」

「そうそう。12分の1サイズのミニチュアを樹脂粘土で作ろうとすると、どうしても手持ちの細工棒では大きいんだよね。色々探していたら『ドットペン』ってキーワードが見つかってね。調べてみるとネイルアート用の細工棒でした。」

「そもそも樹脂粘土細工って、お父さんが作っているサイズは規格外なのかも知れませんね。」

「そうかもね。それで、Amazonで『ドットペン』を調べたら・・・あったよ、あった、ドットペン。しかも送料込みで170円って魅力的じゃね?。」

「100均にもありそうですけれど、今回はAmazonなんですね。」

「100均のも手に入れる予定なのだけれど、サヨリちゃん。Amazonの

TAKIの部屋 ネイルアートパーツ マニキュアセット ビューティー 欧米風 DIY ファッション ドットペン ステッカー ブラシ バレンタイン 5pcs

ってばさ。5本セットで170円なんだよね。怪しさとお安さが同居しているなんて、ミステリアスだとは思わない。しかも、レビューゼロっすよ。」

「言われてみればダメ元覚悟で買えちゃう商品ですね、お父さん。アタリだったらオッケーですし、ダメならダメで記事ネタになりますもんね。」

「そうそう。」

「話は戻りますけれど、お父さん。このドットペンとらは何の目的で使うものなの?。」

「目だわ、目。」

「目?。」

スポンサーリンク

ドットペンはミニチュアドールの目に使います

「前回。招き猫にギブアップ宣言したので、ここでは粘土のお人形さん。ミニチュアドールと呼ぶことにするよ、サヨリちゃん。」

「にゃ。」

「小さなドールでも、大きなドールでも、目を入れる必要があるよね?。」

「ありますね。」

「その目入れ作業にドットペンがあると便利なんだよ。逆にドットペンが無いから、招き猫を断念したとも言えるんだよ。」

「そんなに重要なのでしょうか?、ドットペンって。」

「絵心がある人なら筆で十分だと思うよ。でもね、絵心も無いお父さんが筆一本で勝負しても勝ち目は無いから。オリジナリティは半減するものの、ドットペンがあると目入れに関しては楽になるよ。」

「だったら、招き猫もやれますよね。」

「それは無理。」

「にゃんで?。」

「タビー柄の攻略が出来てないから。」

「だったら、白猫とか黒猫で作れば良いのに。」

「そっか、その手があったか!。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク