ネコスプレ!ニットで作った真っ赤なランドセル

春ですなぁ。

桜の花も満開で、目に入る風景はいと雅。4月に入りあれやこれやと忙しくなった。その代償としてわが家の猫さま(以下、サヨリちゃん)と一緒に過ごす時間が多くなった。それは嬉しい事だが、仕事に追われるプレッシャーが大きく背中にのしかかる。

サヨリちゃんのテッカテカの背中を見ながらある事を思い出した。

「サヨリちゃんのランドセルの一件、どうなったのだろうか?。」

スポンサーリンク

今日から一年生にゃう?!

「見て見て、ランドセル。」

バレンタインデーの終わった頃、手造り作家さん(仮)が持ってきたのがニットで編まれた真っ赤なランドセル。当然だが、それに加えてチョコレートの受領式というオチは無い。

「入学シーズンにコレあったらウケるやろ?。」

「ウケるやろうね。」

「もうチョットで出来るから持って来るわぁ~。」

あれから手造り作家さん(仮)とは音信不通となった。娘の入学やらなんやらで忙しいのだろう。だがしかし、ほぼほぼ完成していた真っ赤なランドセルが気になって電話してみると、

「そうそう、入学式終わったなぁ~。今からランドセル持って行くから!!。」

これが先週の話ならタイミングばっちりだった。お互いにすっかりさっぱり忘れていたので、誰を攻めるわけにもいかないだろう。取りあえず、ブツを受け取って今夜にでもアップしなければ。今ならまだ間に合いそうな気もしない事も無かった。そんな手造り作家さん(仮)が現れたのは夕方の事だった。

「これとこれね。」

手造り作家さん(仮)が手にしたのは、真っ赤なランドセルに加えて黄色い帽子。いわゆる新一年生コスプレセット。サヨリちゃんのエンジンは夜に回り始める。それまでの間に夕食を済ませて彼の覚醒を待った。

サヨリちゃんがやる気を出したのは午後8時を回った頃。判で押したようにキジとら事務局内のニャンニャンパトロールが始まった。その間にランドセル写真撮影の準備を厳かに進める私。撮影台には真っ赤なランドセルがスタンバイ。

はい、やっぱりです。我々には時間が無いのだから、今夜、決めるよっ!。

そう、それも。

さっきも言ったが、我々には時間が無いのだ。これはこれで、チャッチャと片付けてしまいましょう。全ては君に掛っているのだよ。そう、全てはキミ次第!。

はい、ランドセル。

サヨリちゃんは男の子だけど真っ赤なランドセル。

真紅の理由は目立つから。

ただそれだけ。

はい、黄色い帽子。

これは小学一年生の定番アイテム。

ランドセルと黄色い帽子があれば、一応、小学校一年生に見えなくもない。

じゃ~ん!。

ピカピカの一年生の出来上がり!。

帽子とランドセル。アイテムが2個になると撮影難易度が飛躍的に向上する。サヨリちゃんのご機嫌を損ねると大変だ。今年用はこの1枚として、来年用にのんびりと写真撮影をしてい行こうと思う。それにしても小学一年生としては凛々しいお顔。リクルートスーツを着せた方が似合いそうな気もする。

きちんとモデルさんもしてもらったし、サヨリちゃんのエンジンも回りっぱなしなので今夜は夜桜見物にでも行って来ようと思う。

外が寒くなければの話だが・・・。

ちなみに、今回のランドセルと黄色い帽子は手造り作家さん(仮)の趣味で作られたもの。なので、販売予定は200%ありません。

あしからず(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク