【干支】ネコ年がいないワケは、中国に猫がいなかったから?

干支に猫がいないのは何故?。

誰しもが、一生の間に一度は思う疑問では無いのでしょうか?。特に年末年始の時期になると、そんな疑問がフツフツと湧いてきます。私が子供の頃に聞いた昔話では、

「ネズミがネコを騙した。」

という事で私の中では完結していました。ネズミの嘘情報で神様のところへ行けなかった猫。ネズミに対する恨みから、ネコはネズミを追いかける。全てた綺麗にまとまったお話です。ですが、島田秀平さんの解説によれば、猫年の無い理由はもっとシンプルなのだとか。

スポンサーリンク

ネコ年が無いワケ

都市伝説や手相占いで独自のジャンルを極めた芸人さんと言えば、島田秀平さんですよね。彼の話す「猫年が無い理由」はとてもシンプル。

中国にネコがいなかったから。

というもの。

日本での干支は十二支とも呼ばれ12年周期として定着しています。ですが、本来は60年周期であってもっと複雑です。それを庶民用として浸透し易くしたのが十二支です。庶民でも覚えやすくするたに、ねずみや牛などの身近な動物を当てはめたそうです。

そこで疑問に思えるのが猫の存在。こんなに身近な動物なのに、どうして猫が干支に入っていないの?。それに対しての明確な理由が中国には猫がいかなったから。後漢(BC100年)頃の中国に猫は存在せず、まだエジプトとかに猫は生息していたそうです。

見た事の無い動物。知らない動物を干支に入れるのは不可能ですよね?。

でも・・・身近じゃない動物が干支には入っているとは思いませんか?。そうです。辰年、って龍じゃありません?。身近な動物に龍ってどういう事だと思いませんか?。

干支に猫が入っていない理由は、島田秀平さんが龍の話題に引き込むための壮大なネタ振りだったのです。ですが干支が出来た当時、中国には猫は居なかった事。加えて冒頭のネズミとネコとの昔話は、日本で後に作られたお話だというのは干支に関して有力な説のようです。

信じるか、信じないかは・・・(笑)。

スポンサーリンク