ノミ再来!猫蚤駆除大作戦2017

毎晩の楽しみが猫ナデナデ。猫を撫でると脳が活発化するのだとか。猫を撫でる感触が癖になって毎日ナデナデしています。

それはさておき、今夜の猫様は少し様子がおかしい・・・嫌な感じがする。

スポンサーリンク

猫、掻き掻き!それはノミ来襲のサイン

猫が首の後ろを掻き掻きするのは猫の日常の一コマ。しかしながら、頻繁に掻き掻きするのはノミのサイン。ノミに関してナーバスな私は、さっそく猫を撫でまわしてノミチェック開始。何はともあれノミ対策には初動が大事なのです。

背中やお腹に沢山のブツブツ

猫様を撫でるのはあくまでも表面を撫でるだけ。それでは猫の皮膚の変化には気づかない。猫様の背中を掻くように撫でると、数か所にブツブツを発見する。

「これは如何(いかん)!」

猫様をひっくり返しでお腹の柔らかい部分を見ると、やはり赤く腫れている部分があった。ノミに喰われた後です。これが悪化するとお腹の毛がドンドン薄くなり、赤く腫れた部分が増えます。見ただけでも可愛そうな状態になってしまうのです。

「緊急警告!この中にノミが居ます!。居るはずです!!!。」

ノミを探すなら、まずはお腹から。お腹周りを重点的に弄っていると、小さな粒が猫の脇腹を横断した。

「奴だ、奴が現れやがった!!!。」

ノミ1号発見時、時刻は午前2時を回っていた。もうダメだ。見ちゃった・・・見てしまった。ノミ取りクシを片手に、ノミ撃退作戦を開始。今やらなきゃ、この子とこの部屋が大変な事になってしまう。とっさに、ノミ取りクシを手にして作戦開始。

地道なノミ取り作業

猫のノミ取り作業は孤独だ。

やっていて気が重くなる事もある。それに猫の嫌がる事を数時間続けなければならない。そんな寡黙な作業が私にとってのノミ取りだ。まずは、ノミ取りクシを持つ。


ドギーマン ハニースマイル ノミ取りグシ

その姿に猫様はギョッとした反応。まぁ、↓のような顔をしておりました(笑)。

ちゅーるタイム終了(アップ)

「おやじ、また始まんのかよ?。あれ、結構嫌いなんですけどぉ~。ノミとか取れてたって、俺、見えないじゃん?。実感湧かないんだよねぇ~。ノミとか取れたらさぁ、見せてくんない。てか、今夜しなくても良くなくなくない?。ねぇ、聞いてるぅ~???。」

猫の要望を全否定してストイックにノミ取作業は開始されます。私の場合のノミ取作業は、

ひたすら、ただひたすら、ノミ取りクシでブラッシング

それ以上でも、それ以下でもありません。これが全てです。ブラッシングを始めると、抜ける、抜ける、毛が抜ける。シャツもズボンも猫の毛まみれ。でも仕方ありません。そんな季節ですし、相手は獣(けもの)ですから。

香箱座りしつつも不機嫌そうなキジトラ猫

うちの子の毛の長さなんて、人間で言えばスポーツ刈り程度。ロングヘアの猫ちゃんのブラッシングなんて、私には到底無理だよね。てか、絶対に出来そうにはありません。

猫の首回り

さて、猫のノミを攻めるなら、首回りと尻尾をまずは重点的にやります。単純に猫の足が届かない場所にノミは存在すると考えるのが自然です。従って首の後ろ側。即ちフロントラインを使う場所が狙い目。

の筈が、ノミは一向に取れず、猫の毛ばかりがゴミ箱の中へ溜まって行きます。ですが、さっき見つけたノミのサイズからすれば、相当デカかったわけですよ。もうね、メス、メス。放っておく事は出来ません。絶対に探す!。探し出して撲滅する!。

執念の捜索が始まり、最初の一匹を確保したのが30分後。もうすぐ午前3時が回ろうかという時刻。丑三つ時も過ぎ去って、お化けすらも家路の帰っているのでは無いのでしょうか?。貞子なんて井戸の淵まで戻っている事でしょう。

しかーーーし!、一匹見つけたら10匹は要るはず!。ここで終わらすわけには行きません。捜索続行です。一匹目が捕まったのが、猫のお尻の部分。そこを集中的に攻めます。最初は文句ばかり言っていた猫様も、諦めたのか静かになってしまいました。

そうこうしているうちに2匹目をゲット。なんだか波に乗れたようです。お尻回りからお腹回りへとノミの捜査は拡大し、脇腹で更に1匹を確保。

このツイートの後に更に1匹ゲット!。

今夜は結構頑張った感があったので、ひとまず今夜はこれまでと時計に目を向けると・・・午前4時10分・・・。もうすぐ新聞屋さんがやって来る時間帯。達成感と充実感はありますが、4時間後に目覚めるのかが不安が過ります。

いっそ、このままノミ取りしながら朝を向かえてしまうという手もあったのですが、それでは私も猫様も体力が持ちそうにありません。今夜は大事を取ってそのまま終身する事に。でも、ノミとの戦いは始まったばかり。定期的なノミ取りブラッシングは欠かせませんね。

ノミ取り後のキジトラ猫

長いノミ取り作業を終えて、私も猫様もぐったりな早朝。でも、ノミは見つけたら即座に対処しなければ、あっという間に増殖してしまう生物。あれを虫とか思ってはいけません。エイリアンレベルの脅威だとお考え下さい。そして、その脅威から猫と部屋を守るのはアナタでーーーす!!!。

香箱座り

猫を撫でると脳が活性化されるそうですが、猫のノミ取は更に脳が活性化されて・・・眠れません(-_-;)。深夜からのノミ取り作業はほどほどに(笑)。

スポンサーリンク