残像拳!ハンドスピナーで戯れる猫

「残像拳!!。」

「どうしたんだい?、サヨリちゃん。動きが速すぎて残像しか見えないよ。何かいい事でもあったのかい?。」

「赤いヤツは、ボクの敵です!。なので、ロックオンしているのですよ、にゃん像拳!。」

「ハンドスピナーで遊ぶ猫の動画を沢山見たのだけれど、キミはあからさまに敵視しているよね。最初は手で撫でで遊んでいたのに。喧嘩でもしたのかな?。」

「あの頃は良かったですよ。赤いのもそれなりに回っていましたからね。でも、ここんところ。」

「ここんところ?。」

「ブォーンって雄叫びを上げながら回っているのです。もはやこれは宣戦布告の狼煙が上がったとボクは判断しました。なので、赤いのは攻撃対象です!。」

「あわわ…。それはお父さんが悪かったよ、サヨリちゃん。ブォーンっと回すと喜んでくれるかなって思ったのだけれど、余計なお世話みたいだったね。これからはゆっくり回すから、仲良くしてよ、赤いのと。」

「え?。」

「え?。」

「ブォーンって回ってないと、面白くないでしょう!。ジェットコースターがゆっくり動いたら、怖いだけでしょ?。ハンドスピナーは、豪快に回すから価値があるんです。」

「怖いから、サヨリちゃんは大暴れしてたんじゃないの?。」

「お父さんは、怖くないジェットコースターに興味が持てますか?。」

「お父さんは、ジェットコースターそのものが信じられないから。どちらも興味は無いよ。取り敢えず、ジェットコースターから離れようっか。」

「では、怖くないお化け屋敷に価値があるとお思いですか?。」

「あぁ。ジェットコースターもお化け屋敷も興味ないから。誰に頼まれても乗らないし行かないから。」

「にゃーーーー。壇蜜さんからのお誘いでも?。」

「それはそれ!、これはこれ!。」

スポンサーリンク