ハートの卵焼きと下手くそ唐揚げのお弁当

今日は幼稚園で初めてのお弁当の日。朝早くから頑張ったのだけれど、思ったように上手に作れなかったお弁当。唐揚げも焦がしちゃって、上手に揚げられたのは3個中1個だけ。でも、卵焼きはハート型で頑張りました。全然下手くそだけれど、明日も頑張って作るね。

という設定で作った粘土のお弁当です。

スポンサーリンク

3個目は、ママの下手くそ弁当

3個目のお弁当の中身は、

  • 三角おむすび2個
  • ハート型卵焼き
  • 鶏のから揚げ3個
  • ゆで卵の切り身
  • プチトマト1個
  • きゅうり
  • ブロッコリー
  • レタス

です。小さなお弁当箱の中に主食とおかずとデザートを盛り込むとなると頭が痛いです。中身のサイズを小さくしてスペースを確保するか、画期的な方法で無理矢理にでもフルーツを入れるか思案してます。

おかずの数が多いのが致命的だと言う事は理解していますが、今は色々試してみたいのでおかずは贅沢に盛り込んでいます。新しいおかずを作るついでに量産して、次のお弁当へ繋げようという作戦なのです。卵焼き、唐揚げと来ましたので、次はトンカツを作ろうと考えています。

さて、今回のお弁当では初めて唐揚げの着色というものに挑戦しました。焼き色の達人を使えば焼き目なんてチョチョイのチョイなのですが、そろそろ絵の具での着色も覚えようかなと。

まぁ、その結果は案の定の何だこりゃ?なのだけれど、何となく着色の雰囲気が掴めたような気がしています。一度覚えてしまえばパンやドーナツへも応用へも可能ですから、お弁当シリーズでガッツリと練習です。

という事で、セリアの標本箱にくっつけました。この箱の最期の一個には、どんなお弁当がくっ付けられるのか?。

それは僕にも分かりません。さて、明日はどんなお弁当にしましょうかね、サヨリちゃん。

ちなみに今夜はパンクッションの上がお気に入りのようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク