フェイクフードの付け合せ!樹脂粘土でブロッコリーの作り方

ハンドメイド

「こ・・・これはっ!。」

「そうだよ、これは。」

「ブロッコリー!。」

「そうそう。僕の主食、ブロッコリーだよサヨリちゃん。」

スポンサーリンク

樹脂粘土でブロッコリーの作り方

「ブロッコリーって、結構な難し加減ですけど。どうやって作ったの?。シリコンモールドを買ったの?。」

「買ってません!。最初から最後まで作りました。簡単だったよ、細かい作業の連続だったけど。」

「どうやって。」

「最初から話すね。」

「まず。樹脂粘土に緑の樹脂粘土(ダイソー)を混ぜてネリネリします。」

「にゃ。」

「薄い緑色になったら小さな棒を作ります。そこからはピンセットが無いと出来ないよ、僕にはね。」

「細かい作業の始まりですか?。」

「まぁ、そんなところかな。この小さな棒をカッターで切って枝を作ります。もうね、面倒くさい作業だったわ。」

「お皿は何のためにあるの?。」

「サイズを決めるためだよ、サヨリちゃん。」

「にゃるほど~。仮にセッティングしてバランスを取るんですね、分かります。」

「大きさが決まったら、ブロッコリーの葉っていうのかな?。その部分を作ります。ちなみに、ブロッコリーは栄養価が高いからダイエットに最適の食材だよ。」

「はいはい。お父さんにはブロッコリーとマイタケがあれば良いんでしたよね。食生活を変えたら見る見る痩せましたもんね。」

「そうそう。ブロッコリー様々だよ。で、葉っぱを作り時にに必要なのが『茶こし』です。お父さんはダイソーでも買っていたのだけれど、目が大きな気がしたからワッツで買い足した茶こしで挑みます。」

「お皿ちっちゃい。茶こしデカイ。」

「最初にブロッコリーの枝を作ったように、樹脂粘土と緑の樹脂粘土を混ぜたものを茶こしの中に入れます。そして。」

「そして?。」

「粘土をこします。」

「うわぁ、ブロッコリーの葉っぱみたいの出てきた。」

「これをピンセットですくうんだ。そして、さっきのブロッコリーの枝にボンドを付けて合体させます。これでブロッコリーの完成!。しっかりと乾かしましょう。」

「茎も枝も無くってもブロッコリーっぽく見えますね、お父さん。そして、それとなくプチトマトが完成していますね。」

「茎が固くなるまで時間が余ったのと緑の粘土が余ったからね。その合間にプチトマトの葉っぱを作ったんだよ。一石二鳥だろ?。」

「こいつぁ~グレイトですよ、おやっさん!。」

「ジョジョと仮面ライダーが融合しているようだね、サヨリちゃん。何か良い事でもあったのかい?。」

「ブロッコリーは完成しましたけれど、お父さん。鶏のから揚げも作っちゃったんでしょ?。」

「オフコース!。じゃ~ん。」

「良い感じじゃないですか。ニスを塗ればワンランクアップしそうですね。」

「ニスを塗ると良い感じになると思うよ。着色にも手を加えると更に良い感じになるだろうね。でも、集中力が切れちゃったから今日はここまでだよ。」

「ほぼ5円玉サイズですね、お父さん。平成11年生まれの方、おめでとう御座います。」

「ブロッコリーだけにニスを塗ってみたのが最初の写真だよ。」

「キャベツの千切りも出来ていますから、これで洋食関係の付け合せのストックも出来たって事ですね。お皿が揃えば直ぐにでもゴーデキますね、お父さん。」

「そうは行かないんだよね~。最難関の付け合せがあるんだよ。」

「にゃんですか?。」

「レモン。」

「ボク。柑橘類は苦手にゃので、別に無くっても良いですよ!!!。」

※猫は柑橘類の匂いを嫌がる動物だと言われています。