フェイクフード 粘土で作った唐揚げくん

「から揚げ〜。」

「鶏から〜。」

「鶏のからあげも焼き色の達人で何とかなったの?、お父さん。」

「そうだよ。最初、どうやって作るのかと思ったのだけれど、パンよりも簡単に作れたよ。」

「どうやって?。」

「アルミホイルで型取りするんだよ。」

「アルミホイル・・・。」

スポンサーリンク

からあげの型取りはアルミホイルで

「アルミホイルってどうやって使うの?。からあげ粘土の作り方を教えてよ。」

「えっと・・・、

  • 樹脂粘土に黄色のアクリル絵の具を少しだけ混ぜて練ります。
  • 薄い黄色になったら少量取って適当な形にします。
  • それをくしゃくしゃにしたアルミホイルにあてます。
  • 表面が乾くまで放置。
  • 焼き色の達人で焼き目を付けます。焼き色の達人がない場合は、アクリル絵の具とスポンジで色付をけます。
  • ボタンに盛り付けて完成です。

こんな感じかな。」

「そんなんで、こんなになるものなの?、お父さん。」

「だろ?。お父さんも、こんなんでそんなになるのかと疑ってはいたのだけれど、やってみるとからあげになっちゃった。でね、この作り方で粘土を薄くすると。」

「粘土を薄くすると?。」

「ポテトチップスが出来るようだよ、サヨリちゃん。」

「うそぉ~。ホントかなぁ~。」

「内心、お父さんもそう思ってるるけれどね。まぁ、鶏の唐揚げも出来ちゃったから、ポテチも作ってみようと思うよ。短時間で簡単に出来るからね。」

「どれもこれも焼き色の達人のおかげみたいですね。」

「確かに。焼き色の達人の存在を知らなかったら、色づけて作業で地獄を見ていたと思うよ。その点ではタミヤさんに感謝だね。」

「から揚げもパスタも作れるのですから、ほっともっとのから揚げ弁当のミニチュアだって作れそうですね。」

「それがさ。大きな問題がひとつあるんだよ、サヨリちゃん。」

「何でしょう?。キャベツはまだ作ったことがありませんでしたね。」

「キャベツは出来そうな気がするのだけれど、お弁当の容器が難問だと思うんだ。」

「そう言えば、うどんもパンもお皿とかで頭を悩ましていましたっけ。」

「そうそう。ほっともっとのお弁当のミニチュアを作るのなら、まずは容器が作れないといけないんだよ、サヨリちゃん。」

「それは難易度が一気に上がりましたね。」

「さて、お弁当の容器をどうやって作ろっかな?。」

「がんばれば出来ると思いますから、お父さんは頑張って下さい!。」

「キミはどうするの?。」

「頑張って見守りますにゃ!。」

「あ・・・ありがと。」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク